おせち料理【14種類】食材の意味を解説します!起源(由来)や歴史も紹介

おせち料理の種類や食材の意味 正月・年末年始

おせち料理の起源や歴史をご存知でしょうか?

お正月といえば、おせち料理ですよね。

 

おせち料理の内容は、数の子・伊達巻など決まった食材が入っていますが、どういった意味があるかのでしょうか。

 

今回は、14種類の食材の意味を解説します。

あわせて歴史(由来)・起源についてもご紹介。

 

【おせち料理の歴史】いつからあるの?

お正月のお祝い料理といえば、「おせち料理」ですが、始まりは「弥生時代」になります。

 

おせち料理は元々お供え物だった!

中国から、「稲作」が伝わったことにより、稲作を中心とした定住生活に変わりました。

 

また、中国からは「暦」も伝わり、季節の変わり目ごとに、豊作を神様に感謝して、「お供え物」をしました。

 

その「お供え物」で作った物が「おせち料理」の始まりといわれています。

 

平安時代には【おせちく】と呼ばれていた

その後、平安時代になると、「暦」による節目の儀式が宮中で行われるようになりました。

 

この場で、振舞われたお祝いの料理がおせちくと呼ばれました。

 

さらに、「江戸時代」になると一般庶民にも宮中行事が伝わり、広く「おせち料理」が食べられるようになりました。

 

形もこの頃に、現代の「おせち料理」に近い物になりました。

 

おせち料理と呼ばれるようになったのは最近

「おせち料理」と呼ばれるようになったのは、意外と新しく「第二次世界大戦」後です。

 

年末に、デパートで「おせち料理」という名前で販売したことによるものでした。

 

また、「おせち料理」といえば、「重箱」に詰めますが、「江戸時代」の終わりから、「明治時代」の初め頃から始まりました。

 

「おせち料理」を重箱に詰めるようになった理由として、「場所」をとらない、お客様に「出しやすい」などがありますが、一番の理由が箱を重ねることは、めでたさを重ねるということです。

 

【おせち料理】食材の意味を解説します

おせち料理14種類の食材の意味

「おせち料理」の具材や料理には、意味があります。

地域によって、具材や料理に違いがあり、種類も20~30位あります。

ここでは、その一部の「おせち料理」を紹介します。

 

代表的な14種類の食材の意味

数の子 

おせち料理数の子

「にしん」の卵で、「にしん」=2親から卵が多く取れるということで、「子宝」「子孫繁栄」を願い縁起物として食べられます。

 

伊達巻

おせち料理伊達巻

諸説ありますが、伊達巻の形が「巻物」に似ていることから、学問が成就するようにという意味が込められています。

 

紅白のかまぼこ

おせち料理かまぼこ

かまぼこの半円は「初日の出」を表す形としておめでたい。

また、紅白で縁起が良く、紅は魔除け、白は神聖を表しています。

 

栗きんとん

おせち料理栗きんとん

栗きんとんのきんとんは、漢字にすると「金団」と書くことから、お金を呼び込むという意味があります。

 

昆布巻き

おせち料理昆布巻き

「よろこぶ」の語呂合わせで、お祝いの縁起物です。

 

また、昆布を「子生」の字を当て、子宝を願うという意味もあります。

 

紅白なます

おせち料理紅白なます

水引の色を表す縁起物で平和を願う意味があります。

 

海老

海老は、その姿が曲がっていることから、腰が曲がる位長生きができることを願う意味があります。

 

「めでたい」の語呂あわせで、お祝いの席には欠かせない縁起物です。

 

ぶり

出世魚である「ぶり」にあやかり、出世を願うものです。

 

煮しめ

根菜類や鶏肉などを一緒に煮込んだ「煮しめ」は、家族が仲良く結ばれるという意味があります。

 

田作り

おせち料理田つくり

田作りは、イワシなどの小魚を干して、醤油などで味付けした料理です。

昔は、イワシを田んぼの肥料として使っていたことから、農作物の豊作を願う意味が込められています。

 

黒豆

「まめ」とは、健康や精を出すという意味があります。

そこから、元気に過ごせるようにという願いが込められています。

また、黒は魔除けの意味があります。

 

ごぼう

おせち料理ごぼう

ごぼうは、地中深く根を張ることから、家がしっかりと根を張って家内安全を願う意味があります。

 

れんこん

穴が多く空いているので、見通しの良い1年が過ごせることを願う意味があります。

 

おすすめの【おせち料理】をご紹介

インターネットから注文できて、おすすめの料理がオイシックスのおせち料理です。

 

和・洋・中と12種類ものおせち料理が用意されていますので、きっとお気に入りのおせち料理がみつかりますよ。

 

オイシックスのおせち料理の予約はこちら⇒【高砂】Oisixが総力を挙げて仕上げた決定版おせち 2019年

 

おせち料理【14種類】食材の意味・起源・歴史|まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、おせち料理の14種類の食材の意味やおせち料理の起源や歴史をご紹介しました。

 

日本の正月の伝統的料理である「おせち料理」には、多くの具材、料理の種類があり、それぞれに意味があって多くの願いが込められています。

 

最近では、通販やデパートなどで、高級料亭や高級ホテルが作った「和洋折衷」「中華風」「洋風」など色々な「おせち料理」が販売されています。

 

「おせち料理」は、今後も伝統にとらわれつつも、新しい時代にあったものになっていくでしょう。

 

しかし、一番大切なことは、家族全員が揃って楽しく食べることです。

 

これから始まる一年に、「福」があるよう願いを込めて、「おせち料理」の由来や、意味を知って食べるのも良いのではないでしょうか。

 

あわせて読みたい:

年賀状の雑学(豆知識)!いつ頃からあるの?といった歴史に関する疑問から出し方や由来をご紹介

年賀状の雑学(豆知識)!いつ頃からあるの?といった歴史に関する疑問から出し方や由来をご紹介
年賀状の由来や歴史をご存知でしょうか?毎年書いているけど深く考えたことがある人は少ないと思います。今回は、そんな年賀状に関する雑学(豆知識)についてご紹介していきます。あわせて年賀状のマナーや書き方、出し方についてご紹介します。

 

年末年始の雑学【大晦日】の意味や年越しそばを食べる理由とは?【正月】に何する?お年玉の起源もご紹介

年末年始の雑学【大晦日】の意味や年越しそばを食べる理由とは?【正月】に何する?お年玉の起源もご紹介
年末年始を楽しく過ごしたい、という方必見!大晦日やお正月のいわれや習わしについてご存知ですか?今回は、なぜ年越しそばを食べるのか?という理由や除夜の鐘の意味、お正月の起源や意味についてご紹介していきます。正月や大晦日にまつわる雑学をチェック!

 

正月太りで【3キロ】急激に太った助けてという方必見!戻らない原因は?戻し方は運動が一番の解消法か

正月太りで【3キロ】急激に太った助けてという方必見!戻らない原因は?戻し方は運動が一番の解消法か
お正月は、ついつい料理を食べすぎて正月太りをしてしまう方も多いと思います。だいたい、2kg〜3kg位太ってしまうと言われていますが、運動不足になりがちなのですぐに正月太りで体重がなかなか戻りにくいです。今回は、正月太りが戻らない原因や解消法は運動が一番なのかについて皆さんにご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました