美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

お盆のお墓参りに行かない人は罰当たり?行けない時の対処法や頻度についてご紹介

夏休み

夏休みの時期に入ると

お盆の時期だからお墓参りに行こう

と思う方も多くなると思います。

 

親戚も集まるし行かないといけないけど、仕事が…

という方も多いと思います。

 

親戚の中には

お盆なのに帰って来ないなんて!

という方もいるかもしれません。

 

今回は、お盆のお墓参りに行かない人は罰当たりなのかや、行けない時の対処法頻度についてご紹介します。

 

お盆のお墓参りに行かない人は罰当たり?

お盆のお墓参りに行かない人は罰当たりなのでしょうか。

まずは、「お盆とは何なのか」からをご紹介していきます。

 

お盆の時期はいつからいつまで?

お盆の時期は、地域によって変わりますが

  • 8月13日から16日の4日間

にあたります。

 

会社勤めの方はこの期間に「お盆休み」という長期のお休みが組み込まれている会社も多いです。

ちなみに「新盆(しんぼん・にいぼん)」または「初盆(はつぼん)」は、亡くなった方が初めて迎えるお盆のことを言います。

 

お盆の習慣は地域によって大きく変わってきますので、お盆の期間も地方によっては変わってきます。

 

お盆とは何なの?

基本的な疑問の「お盆」とは何なのかをご紹介していきます。

 

お盆の正式な名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」というそうです。

お盆の時期には「ご先祖様や亡くなった方の霊が、ご浄土から地上に戻ってくるとされています。

 

地上に戻ってきたご先祖様や亡くなった方の霊を供養することを「お盆」と言います。

 

13日(お盆の始まり)には、お墓参りに行き、玄関で迎え火を焚いてご先祖様の霊を迎えます。

お盆の期間中は、ご先祖様の霊をゆっくりと偲びながら過ごして、16日(お盆の終わり)に送り火を焚いて、ご先祖様の霊をご浄土へ送りだします。

ご先祖様の霊をご浄土に送りだすことを「精霊送り」と言います。

京都の「五山の送り火」や長崎の「精霊流し」もこの「精霊送り」の一つです。

 

ちなみに、この時期に行われる「盆踊り・夏祭り」や「お中元」なども、お盆の習慣から生まれた行事です。

 

お盆にお墓参りに行かない人は罰当たりなの?

お盆にお墓参りに行かない人は罰当たりなのか考えてみました。

 

お盆にお墓参りに行けることはとても良いことですが、仕事やどうしても抜けられない事情で行くことができない人は「罰当たり」ではないと思います。

 

お墓参りに行きたいけど遠方で…

という人も多いでしょう。

 

「親戚一同が集まるから絶対来なさい」と言われる場合もあるでしょうが、優先しなければいけないことは優先しないといけないと思います。

 

どうしても行けない場合はどうすればいいのかは下記でご紹介しますが、ご先祖様や故人を偲ぶ気持ちがあれば「罰当たり」ではないと思います。

 

お盆のお墓参りに行けない時の対処法

お盆のお墓参りに行けない時の対処法をご紹介します。

お盆期間にまとまったお休みが取れる会社であれば、お墓参りも行けますが、そうでない場合はどうすればいいのでしょうか。

 

お盆の時期を過ぎていてもいいのでお墓参りに行く

お盆の時期にお墓参りに行けないことは仕方のないことです。

ですがお盆の時期からずれていてもいいので、行ける時にお墓参りに行きましょう。

 

どうしてもお墓参りに行くのが難しい場合は「自宅で供養をする」

お盆は「無くなった方やご先祖様を供養することです。

ご先祖様や亡くなった方は、子孫である私たちに「何が何でも来い!」ということはないと思います。

どうしても都合がつかない場合は、心の中でご先祖様や亡くなった方を偲べば大丈夫でしょう。

ご先祖様たちが乗る「きゅうりの馬やナスの牛」を作って、自宅に招き自宅でご供養すれば大丈夫です。(無くても大丈夫だと思いますが、できれば用意したらいいかもしれません)

その時に、亡くなった方の好きな料理やその地方の料理などを作ってお供えしてもいいですね。

 

お寺に卒塔婆などを依頼する

家の宗派によっても変わってきますが、お盆の時期にお寺で「卒塔婆(そとば)」を立てることもあります。

お布施や卒塔婆料などお金はかかりますが、しっかりお経をあげてご供養してくれます。

 

お墓参りの代行業者に依頼する

お墓参りに行けない理由はいろいろあると思いますが、「お墓の管理をしないといけないがお墓参りに行けない」場合もあるかと思います。

 

ご先祖様のご供養はもちろん「お墓の維持(掃除など)」も、お墓参りに行くときにされると思います。

ですが、どうしてもお墓参りに行けないがお墓が荒れてないか心配な場合もあるでしょう。

そんな場合は「お墓参りをしてくれる代行業者」に依頼するのも一つの手段です。

 

お墓参りの代行は、抵抗感がある場合も多いと思いますが、お墓を維持(荒れてないか)するために依頼することは悪いことではありません。

 

お墓のメンテナンス管理をしてくれる身近な場所の「霊園など」にお墓を移せば問題は解決しますが、すぐにそれができるわけではありません。

 

そんな場合は、代行業者にお願いすれば「お墓の清掃やお線香・お花のお供え」をしてくれます。

 

ハウスクリーニングで有名な「DUSKIN(ダスキン)」もお墓のお掃除代行サービスがあります。

お墓おそうじ代行サービス

 

どうしてもお墓参りに行けない時は「お墓のメンテナンスは業者にお願いして、ご供養は心の中(自宅)で行う」ことをオススメします。

 

お盆のお墓参りに行かない人でも最低どのくらいの頻度行くべき?

お盆のお墓参りに行かない人でも最低どのくらいの頻度行くべきなのかをご紹介します。

 

お墓参りの回数は「お住まいの地域の習慣やお墓参りをする理由」によって違うと思います。

ここでは、一般的にお墓参りに行く時期をご紹介していきます。

 

  • お彼岸(春と秋)

秋分の日と春分の日の前後3日間の期間を「お彼岸」と言います。

「お彼岸の時期にご供養を行えば、極楽浄土に行くことができる」という、言い伝えがあるそうです。

 

  • お盆

今回ご紹介している「お盆」の時期です。

ご先祖様たちが、この世に戻ってくる時期です。

この時期のお墓参りは「ご先祖様を迎えに行く・送り出す」という意味があります。

 

  • 月命日(命日)

亡くなった方の命日にお墓参りに行くことも多いです。

亡くなった方と親しい関係の方は、命日だけでなく月命日にもお墓参りに行くことが多く、お墓参りが習慣になっている方もいます。

 

  • 年末年始

年末に「今年も見守ってくださってありがとう」、年始に「今年もよろしくお願いします。」という気持ちでお墓参りをする方もいます。

 

  • 夏(お墓のメンテナンス)

納骨堂や管理人が居る霊園なら必要ありませんが、夏になるとお墓の周囲の雑草が恐ろしいほど早いスピードで成長します

 

この場合、お墓参りというよりは「草むしり」をしに行くという気持ちの方が強いと思いますが、お墓参りにカウントする方向で行きます。

 

夏の雑草の成長スピードは目を見張るものがあります。

その為、夏場は何度も「草むしり」に出かけないといけないことになります。

月命日やお墓のメンテナンスは「お墓の近くにお住まいの人」なら可能ですが、遠方の人はそんなに行く機会を作ることは難しいと思います。

 

今回ご紹介した時期に「お墓参り」に行けるなら、行った方がいいと思います。

行けない場合は「ご自宅(心の中)でご供養(手を合わせる)をする」で大丈夫だと思います。

 

お墓参りに行く回数よりも、ご先祖様や故人を偲ぶ気持ちを大切にしてください。

 

お盆のお墓参りに行かない人は罰当たり|まとめ

お盆のお墓参りに行かない人は罰当たりなのかや、行けない時の対処法・頻度についてまとめてみました。

 

お盆の時期は「帰省してお墓参りに行く」という方は多いと思います。

ですが、その時期にお仕事などでどうしても帰省できない方も多いと思います。

 

今は、お盆の時期に「お店がお休み」になることもありません。

ですから「お盆の時期なのに…」と言うことや言われることは時代にそぐわないことでもあると思います。

 

お墓の前に行って手を合わせることが、ご先祖様や故人を偲ぶ方法ではないと思います。

お盆の時期に「お墓参り」ができないときは、心の中ででも「ご先祖様たち」を偲んでくださいね。

 

あわせて読みたい:

【夏休み】自由研究や宿題をしない小学生にやる気を出させる方法は?やる意味や家猫の観察でもいい?

【夏休み】自由研究や宿題をしない小学生にやる気を出させる方法は?やる意味や家猫の観察でもいい?
夏休みは、子供と遊ぶ計画を楽しく立てていると思いますが、親から見て一番の問題は「夏休みの宿題」ではないでしょうか?夏休みの宿題にはいろいろな種類の宿題がありますね。そこで今回は、夏休みの自由研究や宿題をしない小学生にやる気を出させる方法とやる意味や家猫の観察でも良いのかなどについてご紹介します。

 

【夏本番】8月にディズニーランド&シーに行く際の服装(コーデ)は?どれだけ暑い?格好と持ち物をご紹介!

【夏本番】8月にディズニーランド&シーに行く際の服装(コーデ)は?どれだけ暑い?格好と持ち物をご紹介!
8月は夏休みやお盆休みがあり、長期のお休みを利用してディズニーランドやディズニーシーに行かれる方もいるのではないでしょうか?夏のディズニーですが、人込みや暑さを甘く見ているととんでもないことになりますよ!そこで今回は、8月にディズニーに行く際の服装や持ち物を紹介♪
タイトルとURLをコピーしました