美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

【冬至のルーツ】いつからゆず湯に入るようになった?かぼちゃを食べる意味や理由は?疑問を解決します

冬至のルーツ

冬至といえば、かぼちゃを煮て食べ、ゆず湯に入る

そして、1年で一番「日照時間」の短い日というのが思い浮かびます。

本当にそれだけでしょうか?

「冬至」には、もっと深い意味があるのではないでしょうか?

日本には、昔から伝わっている「良い風習」があります。

 

「冬至」もその一つですが、もっと深く知ることにより、「冬至」の一日を楽しく過ごしてみましょう。

 

そもそも【冬至】とは?

そもそも「冬至」というのは、地球から見た太陽の位置が、最も南になって南回帰線(オーストラリア大陸のほぼ中央を横断)の上を通る日です。

したがって、日本など北半球では、日の出から日の入りまでの時間が1年で一番「短い日」です。

昔の人は、何らかの方法で「冬至」を知り、昔のような単調な生活の中で、生活に変化を持たせるための日だったのでしょう。

 

「冬至」の日は、毎年決まっているわけではなく、毎年12月21日頃になります。

 

また、「冬至」とは逆に、1年で一番「日が長い日」は「夏至」で

毎年6月21日頃になります。

 

【冬至】のルーツとは?

「冬至」は、1年で一番「日が短い日」ということなので、次の日からは「日一日」と日照時間が長くなっていくということです。

 

そこで、太陽が新しく誕生する日だと考え、古くから北半球の各地で「冬至」を祝う催しが行われてきました。

 

旧暦では冬至は最初に日だった

旧暦では、「冬至」が暦を計算する上での最初の日でした。

中国や日本では、「冬至」は太陽が1年で一番弱くなる日で、次の日からまた、太陽の力が増え始めるという事から、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、「一陽来復」(いちようらいふく)といって、「冬至」以降「運」が上向いてくるとされています。

 

また、一説によると「冬至」は、「クリスマス」のルーツとも言われています。

 

【冬至】になぜ【かぼちゃ】を食べるの?

冬至でなぜかぼちゃを食べるの?

「冬至」には、「ん」がつく食べ物を食べると「運がよくなる」と言われています。

 

「ん」がつくものを食べるのを、「運盛り」と言って縁起を担いだそうです。

 

「ん」は「いろはにほへと~ん」で最後の文字で、そこから最初の文字に戻るのは、縁起が良いというところから来ています。

 

「ん」の字が最後につく食べ物として、

にんじん・だいこん・うどん・れんこん・ぎんなん・きんかん・かんてん

などがあります。

あれ?かぼちゃって「ん」つかないけど…

 

ではなぜ「かぼちゃ」を食べるのでしょうか。

 

かぼちゃは「なんきん」と呼ばれていた

「かぼちゃ」は「なんきん」とも呼ばれ「ん」がつくからです。

「運盛り」と言うだけでなく、「ん」がつく食べ物をたべるのは、

これから寒い冬にむかい、体力をつけ、かぜを引かないようにという栄養補給の意味合いがあります。

 

【冬至】になぜ【ゆず湯】に入るの?

冬至ゆず湯

「冬至」には、お風呂に「ゆず」を輪切りにした物を入れ、入ります。

柑橘類の「ゆず」の皮には、良い香り、強い香りで揮発性のある油分があります。

それにより、体を温めてくれさらに保温効果があります。

 

そこから、「冬至」に「ゆず湯」に入ると、

  • 「保温効果があるので一年間かぜを引かない
  • 「ゆずの強い香りには邪気が近寄らせないということから、邪気を払う

というように考えたからです。

 

また、「ゆず」の木は、「実る」まで時間がかかり寿命が長いことから、

  • 「苦労が実になる」
  • 「無病息災」

という意味もあるそうです。

 

そのほか、「ゆずが効く」から「融通(ゆうづう)がきく」という語呂合わせもあります。

 

冬至にゆず湯に入るようになったのはいつから?

「冬至」に「ゆず湯」に入るのは、江戸時代から広く行われるようになりました。

 

「一陽来復」で、これから「運」がよくなっていく前に、身も心も清くするためにまずは、「ゆず湯」に入りました。

 

【冬至のルーツ】ゆず湯・かぼちゃの雑学|まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は冬至のルーツやかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入る意味をご紹介しました。

現代の私たちは、仕事が忙しかったりして、つい生活に変化をつけることを忘れ、単調な生活に流されがちです。

 

せめて「冬至」の日くらい「ゆず湯」に入り、「かぼちゃ」を食べ、家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい:

年賀状の雑学(豆知識)!いつ頃からあるの?といった歴史に関する疑問から出し方や由来をご紹介

年賀状の雑学(豆知識)!いつ頃からあるの?といった歴史に関する疑問から出し方や由来をご紹介
年賀状の由来や歴史をご存知でしょうか?毎年書いているけど深く考えたことがある人は少ないと思います。今回は、そんな年賀状に関する雑学(豆知識)についてご紹介していきます。あわせて年賀状のマナーや書き方、出し方についてご紹介します。

 

寒中見舞いを出す時期は12月でもいい?寒中見舞いの出し方・マナー・書き方を解説します

寒中見舞いを出す時期は12月でもいい?寒中見舞いの出し方・マナー・書き方を解説します
日本には、1年を通して節目ごとに、挨拶の手紙を出すという、素晴らしい習わしがあります。その中で、1年で一番寒い「時期」に出す手紙を「寒中見舞い」と言っています。「寒い中」を「見舞う」ということで、相手の体に対する心配りや自分の現状を知らせるために書くのが「寒中見舞い」です。

 

仕事納めの挨拶『お疲れ様です』は失礼?御用納めとの違いや何をする日か解説します!一言挨拶やメールも

仕事納めの挨拶『お疲れ様です』は失礼?御用納めとの違いや何をする日か解説します!一言挨拶やメールも
仕事納めは『御用納め』とも言いますが、意味や違いなどをご存知でしょうか?また、仕事納めの日に【何をするのか?】といった疑問を持つ方もいると思います。今回は仕事納めの日に『お疲れ様です』は失礼にあたるのか?ということや意味や御用納めとの違い、挨拶(一言・メール)などをご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました