テレワークに向いてる職種とは?向いている業務や仕事の共通点もご紹介します

近頃、日本の中で需要が高まってきている新しい働き方であるテレワーク。

テレワークには様々な種類のものがありますが、一体どのような職種の人がテレワークをしているのでしょうか。

今回はテレワークに向いている職種と、テレワークに向いている職種の共通点をご紹介します。

 



テレワークに向いている職種とは?

テレワークができる職種と聞くと何となくパソコンを使う人達ができるというイメージがありますが、実際はどのような職種の人達がテレワークをしているのでしょうか。

テレワークに向いている職種をご紹介します。

 

テレワークに向いている職種

テレワークに向いている職種にはどんなものがあるのか、一部ではありますがご紹介します。

 

IT関係

テレワークを導入している代表的な職種としてIT関係のものが挙げられます。

主にプログラマーやシステムエンジニアといったものが該当します。

これらの職種の人達の主な仕事は、アプリやシステムの作成です。システム等の作成はパソコンとインターネット環境があれば仕事ができるので、テレワークが可能になります。

 

カスタマーサポート

カスタマーサポートもWordやExcelを主とした事務仕事であれば、テレワークをする事も可能です。

さらに電話が繋がる環境であれば、自宅でなくても仕事する事ができます。

 

営業職

営業職もテレワークに向いている職種の一つで、営業先へ移動する間等にも作業ができます。

すき間時間を活用しながら仕事ができるので会社側のコストも減りますが、会社側の管理者がきちんと把握しておく事が大切になってきます。

 

その他

その他にもWEBライターWEBデザイナーもテレワークに向いている職種になります。

これらの仕事もIT関係の仕事と同様、基本的にパソコンやインターネット環境があれば一人でも作業ができます。

 

テレワークに向いている職種はたくさんありますが、今回はほんの一部の職種しか紹介していません。

もしテレワークができる仕事をしたいという場合は、自分が希望している職種がテレワーク可能なのかというところまで調べると良いでしょう。

 



テレワークに向いている職種の共通点とは

テレワークに向いている職種をご紹介しましたが、向いている職種には一体どのような共通点があるのでしょうか。

共通点をそれぞれ見ていきましょう。

 

テレワークに向いている職種の共通点

テレワーク向きの職種の共通点をそれぞれご紹介します。

 

パソコンとインターネット環境がある

テレワークができる第一条件として、パソコンインターネット環境があるというのが共通点の一つと言えます。

この二つが揃う事でどの場所でも仕事ができるのですが、個人情報や機密情報を扱う事もあるので、情報のセキュリティには十分な注意が必要です。

 

一人でできる仕事がある

だいたいの職種はチームプレイが必要になってきますが、テレワークができる職種に関しては一人である程度仕事が完結できるという共通点があります。

テレワークを行う時は一人で作業をする事が多いので、自分一人で仕事を完結させる事ができる能力が必要になります。

 

顧客対応が少ない仕事

基本的にサービス業というような、顧客対応を主とする職種にはテレワークは向いていません。

テレワーク向きなのはその逆で、顧客対応が少ない職種というのが共通点です。

営業職などは顧客対応をしますが、すき間時間を利用して仕事ができるので、そこまで大きな障害になる事はありません。

 

テレワーク向きの職種の共通点をご紹介しましたが、パソコンやインターネット環境がある事が最低条件のようです。

合わせて自分一人で仕事を完結させる事が求められるので、責任能力も必然的に求められます。

 

テレワークに向いていない職種とは

テレワークに向いている職種と共通点をご紹介しましたが、逆にテレワークに向いていない職種とは一体どんなものなのでしょうか。

こちらも合わせてご紹介します。

 

テレワーク向きではない職種

テレワークに向かない職種には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

サービス業

サービス業は顧客対応を主とする職種です。顧客に対するサービスを売りとしているので、テレワークには向きません。

 

医療、福祉関係

医療や福祉関係の職種も、基本的に顧客と関わる仕事になるのでテレワークには向きません。

またこういった職種はチームワークが求められます。そういった観点からテレワークには向かなそうです。

 

生産、製造業

何かを生産、製造したりするのには、一人ではできない工程がたくさんあります。

またこちらも複数人でのチームワークが必要となってきます。こういった工程やチームワークをテレワークで行う事が難しいです。

 

テレワークに向かない職種の共通点として、顧客であっても同じスタッフ同士であってもたくさんの人達と関わる職種には向きません。

テレワークでできる仕事も大切ですが、人との関わりがある仕事も大切です。

 



テレワークに向いてる職種|まとめ

いかがでしたか。テレワークに向いている職種と向いていない職種それぞれ紹介しました。

どちらの職種に関してもメリットデメリットは存在します。

どちらの職種であっても、自分に合った職種を探す事が大切です。

 

テレワークは近年とても需要が上がっていますが、それでもテレワークができない職種というのもまだまだあります。

テレワークに向いている職種向いていない職種をしっかり把握して、自分に合った働き方をしましょう。

 

あわせて読みたい:

テレワークの意味とは?テレワークの働き方やメリット(利点)デメリット(欠点)をご紹介します!

https://a4ta10ki.com/?p=5132

 

【サラリーマンの副業】おすすめしない仕事5選!社会人には向かないバイトも

https://a4ta10ki.com/?p=1081

 

日記を習慣化したい!日記を毎日書く為のコツやメリット(効果)をご紹介します

https://a4ta10ki.com/?p=5096

 

貯金と投資どっちをやるべき?基本的な違いと初心者にもおすすめな投資信託についてもご紹介

https://a4ta10ki.com/?p=4697