美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

雨の日に【自転車】でも使えるレインコートをご紹介します!選び方や買う時のポイントも

雨の日の自転車 雨の日
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さん雨はお好きですか?

雨が降るのを楽しむ人もいれば、逆に鬱陶しくて嫌という人もいるでしょう。

中でも通勤、通学、子供の送迎で自転車に乗って移動する人にとっては雨は大敵です。そんな雨の日でも自転車で移動したいと思う人は多いと思います。

 

今回は自転車用レインコートについてご紹介します。

 

自転車用のレインコートの選び方

自転車に乗って通勤、通学などをするのなら一着は用意しておきたいレインコートです。

しかしレインコートも様々な種類のものがあります。

一体どのように選べばよいのでしょうか

 

◇レインコートの種類

レインコートの種類は2種類あります。

簡単にそれぞれをご紹介します。

 

・セパレートタイプ(レインウェア)

このセパレートタイプは上着とズボンがわかれているタイプで、レインウェアとも呼ばれています。上下がわかれているという事から、バイクや自転車の人にとっては動きやすいという利点があります。

ただしポンチョタイプと比べると中が蒸れやすい構造になっているので、透湿性も重視すると快適に着用する事ができます。

 

・ポンチョタイプ

セパレートタイプのものとは違い、上下が一体となっているタイプです。

下が開いているので、蒸れなどを気にせずに着用することができます。簡単に着脱できるというのは利点ですが、セパレートタイプのものとは違い汚れやすいというデメリットもあります。

 

簡単にレインコートについてまとめていますが、それぞれメリットデメリットはあります。使う時の状況によって選ぶと良いでしょう。

 

自転車用レインコートを買うためのポイントとは

いざ買うとなってもどのような点に気をつければ良いかわかりませんよね。自転車用レインコートを購入する上で外せないポイントをまとめてみました。

 

◇顔や髪が濡れない

顔や髪が濡れてしまうと視界が狭まり、事故のもととなってしまいます。レインコートのフードの一部が透明になっているものもあるので、視界の妨げにならないようなものを選びましょう。

 

◇手元や足元が濡れない

手元が濡れたまま自転車で走行すると、ブレーキをかけたい時に手が冷えてかじかんだり、手が滑ってしまう場合もあります。そういった事を防ぐために手の甲辺りまで隠れるものがあればベストでしょう。

 

また通勤、通学や子供の送迎をする時に足元がベチャベチャなのは嫌ですよね。

レインブーツを履くのもおすすめですが、履かない場合はきちんとカバーできるものを選びましょう。ズボンの裾が長いと事故に繋がる可能性があるので注意してください。

 

◇荷物が濡れない

大事な荷物が濡れてしまっては気持ちはブルーですよね。ポンチョタイプのレインコートでも前の部分が長くなっているものもあります。

これは前カゴの荷物を覆うように作られているもので、前カゴに荷物を入れる人は押さえておきたいポイントです。

 

 ◇着脱が簡単

忙しい時や急いでいる時は少しの時間も惜しいものです。そのような時のために簡単に着脱できるもののほうが良いでしょう。雨に濡れてしまうと脱ぎにくいという点もあるので、簡単に着脱できるものがおすすめです。

 

◇コンパクトに持ち運べる

出かけた時に雨が降っていなくても、急に雨が降ってくる場合ももちろんあります。持ち運ぶ時にかさばるようなものだと大変なので、コンパクトにして持ち運びができるものだと便利です。

 

その他のポイントとして反射材が付いたものであれば、薄暗い雨の日でも自分がどこにいるかを車の人などに知らせる事ができるのでおすすめです。夜遅い時間に帰ってくる人はなるべく反射材付いているものを選びましょう。

 

雨の日だからこそ安全運転をしよう

雨の日は晴れている日に比べると薄暗く、視界が悪い事が多いです。

そして大雨であれば尚更視界が悪く、急いで行動して安全確認を怠ってしまう事もしばしばあります。

雨の日だからこそ守りたい心得をいくつかご紹介します。

 

◇いつもより早く家を出る

徒歩や車でもそうですが、時間にゆとりを持って行動をしないとどうしても焦ってしまい安全確認が不十分になりがちです。

そういった事を避けるために晴れている日より早く出る意識をしましょう。

時間にゆとりを持つ事で身だしなみを整える時間も確保できる他、外でもきちんと安全確認をできるようになります。

 

◇スピードを出し過ぎない

自転車に乗って走行する時はなるべくスピードを落として走りましょう。

雨の日は路面が濡れているので滑りやすく、転倒をしやすくなります

またレインコートを着てフードを被っていると視界が狭まるので、いつも以上にスピードを落とし安全に走行をしましょう。

 

◇雨がひどい時はなるべく乗らない

あまりにも雨風がひどい時は、いくらレインコートを着ていても自転車で走行するのは危険です。

悪天候の場合は安全確保の意味も含めて自転車に乗らないのが懸命です。自分は良くても他の人に迷惑をかける場合もあるので、早めに家を出るように努めましょう。

 

自転車は車と一緒でタイヤを持つ二輪車です。

誰でも乗れる便利な乗り物ですが、時には車同様凶器になる場合があります。自分や周りの人の命を守るためにも適切な判断をしましょう。

 

雨の日に【自転車】でも使えるレインコート|まとめ

いかがでしたか。

自転車に乗る人にとってはマストアイテムであるレインコートについてご紹介しました。雨は弱い時もあればものすごく強い時もあります。雨の日にレインコートを着て自転車に乗る時は、きちんと安全な格好でお出かけをしましょう。

 

雨の日でもブルーにならないために、きちんと自分に合ったレインコートを見つけましょう。今まで煩わしかった雨の日も楽しくなるかもしれません。

 

あわせて読みたい:

愛犬にもレインコートは必要?嫌がるのけどなぜ?役割や必要性とおすすめのレインコートもご紹介します

愛犬にもレインコートは必要?嫌がるのけどなぜ?役割や必要性とおすすめのレインコートもご紹介します
暖かくなってくると次第に雨が降る確率が上がっていきます。台風に加え、梅雨の時期には雨が続くので愛犬の散歩も滅入ってしまいますよね。皆さんは愛犬にレインコートは着せますか?気になってはいるけど、という人もいるかもしれませんね。今回は犬用レインコートの必要性などについてピックアップしていきます。

 

雨の野外フェスでも使えるレインコートの選び方とは?おすすめとレインウェア型とポンチョ型の違いも

雨の野外フェスでも使えるレインコートの選び方とは?おすすめとレインウェア型とポンチョ型の違いも
夏が近づいてくると野外で行われるイベントが増えてきますよね。特に野外フェスは老若男女問わず人気があります。ただフェスの日に雨が降る事も。フェスを楽しみたいのに雨具を持っていくとかさばるし、楽しめないかもと感じる人もいるのではないでしょうか。今回は野外フェスでも使えるレインコートをご紹介。

 

100均レインコートの性能は?リメイク方法もご紹介します!ダイソー・セリアのものでもかわいい感じになる?

100均レインコートの性能は?リメイク方法もご紹介します!ダイソー・セリアのものでもかわいい感じになる?
雨具といえばレインコートを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。最近ではアパレルブランドや100円均一でもレインコートが購入できるようになりました。しかし100均のレインコートだと性能的に不安な面も考えられますよね。今回は気になる100均レインコートについてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました