美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

子育がきつい?大変な時期や疲れる理由についてご紹介します

赤ちゃん・出産・子育て

子育ての時期って大変ですよね。

育児だけならまだしも、子供が成長していくごとに「ママ友・保育園・幼稚園」などの、人付き合いも始まります。

他にも、キツイ要素はたくさんありますが、今回は、子育てに限ったきついことに注目。

子育てはきついのか、大変な時期や疲れる理由と、おすすめのリフレッシュ方法をご紹介します。

 

子育てはきつい?大変な時期はいつ頃?

子育てはきつい、大変な時期はいつ頃まで続くのかご紹介します。

 

子供が産まれて、喜びにあふれて

これから頑張っていこう!

と、新たな決意を胸に刻む夫婦は多いと思います。

 

おそらく、その気持ちは本当の気持ちですが、すぐに

こんなはずではなかった…

という気持ちになるかもしれません。

 

では、そんな気持ちになってしまう時期は、どの時期なのでしょうか?

 

子育ての大変な時期①「産まれてすぐから」

子育てがきついと感じる、大変な時期はいつ頃なのでしょうか。

 

自分の体験で恐縮ですが、私は、育児が始まってから保育園に入るまでが、身体的にきつかったです(^^;

 

私が出産した病院は、出産した日を除いて「母子同室」でした。

 

出産した日は、

身体も疲れているだろうから、ゆっくり休んで

と、新生児室にお世話になっていましたが、出産した当日は、興奮して一睡もできなかった記憶があります。

 

翌日からは、自分で子供の世話をしないといけなかったので、その翌日から本当にきつかったです。

寝返りをうつのもきついのに、子供が泣いたらすぐに起き上がって授乳しないといけないことは、本当に大変でしたね。

 

自宅に戻れば、子育てだけでなく、自分の身体のケア家事もしなければならない、夜泣きにも対応しないといけない。

睡眠時間も、まとめて眠ることができず、2~3時間おきに起きないといけないことは、本当にきつかったです。

 

子供が一晩中ぐっすり眠ってくれる時期が来るまでは、本当に体力的にも精神的にもきつかったことを覚えています。

 

子育ての大変な時期②「イヤイヤ期」

子供がある程度成長してくれて、自我が芽生えてイヤイヤを言うようになってから、精神的にきつくなります。

 

今まで、親が選んでいた服を着てくれていたのに、イヤイヤ期に入ると

それはイヤ、自分で決める

と、自我が芽生え、自分の思い通りにしないと気が済まなくなってきます。

 

幸い、外に出ると大人しくついてくる子どもだったので、外でのイヤイヤの発動はありませんでしたが、家の中は大変でした。

味噌汁をフォークですくって飲もうとして、飲めなくて大泣きするとか…(^^;

 

自我が芽生えて嬉しいのですが「それはどう考えても無理だろう」ということを、したがるのですよね(^^;

 

「それは無理だよ」と、言い聞かせることが凄く大変でした(^^;

 

子育ての大変な時期は③「入学の時期」

イヤイヤ期(反抗期)がだいぶん落ち着いて、小学校に入学する時期も大変な時期だと思います。

例をあげると下記のような心配ごとが増えます。

 

【小学校に入学してからの心配事】

  • お友達できるかな
  • 勉強についていけるかな

などです。

 

今までとは違う心配事が増えてくるため、この時期もきつい時期になります。

 

幼稚園や保育園とは違い、自分のことは自分でしなければならなくなったのですから、子供にとっても環境が変わり、子供自身もきつい時期だったのではないかなと今では思います。

 

親にとっても、学校関係(PTA)の仕事も増え始めるので、精神的にも体力的にもきつい時期でしょう。

 

この時期も大変な時期ですが、子供が生活に慣れ始めるころには、親の方も少しずつ落ち着いてきます。

ただ、働き始めるお母さんも増える時期なので、仕事と育児・家事で身体的にきついかもしれません。

 

子供が学校に入れば、その後は「第二次反抗期・受験」などで、親子ともども神経をすり減らすくらい大変な時期になります。

 

子育てはきつい!疲れる理由はなに?

子育てはきつい、疲れる理由は何なのかをご紹介します。

 

上記で、子育てがきつい時期・大変な時期をご紹介しました。

その中でも「きつい」と感じる時は、両親に余裕がないときが多いと思います。

 

子育てがきつくて疲れる理由「プレッシャー」

産まれたばかりの頃は、身体がついて行かない・睡眠不足もあり、身体はガタガタなのに

  • しっかり子供を見ておかないといけない

というプレッシャーがあります。

 

自分の身体も癒えていないのに、小さな命のお世話をしないといけないのですから、そのプレッシャーはかなり大きいです。

その上、下記のようなことまで言われるのですから、精神的に参ります(>_<)

 

【プレッシャーの例】

  • みんな通った道だから
  • みんなしてきたから、できない方がおかしい
  • 母親なのだから

などと、周囲によく言われます。

 

言われるたびに

自分はうまくできていない…。

と、自分を追い詰めてしまう事もあります。

 

周囲に

  • できて当たりまえ
  • できない方がおかしい

と言われるたびに、追い詰められてさらに疲れてしまうのです。

 

 

子育てがきつくて疲れる理由「パートナーの協力がない」

上記で、子育てが大変な時期をご紹介しましたが、この時期にパートナーの協力や理解がないのは、本当にきついです。

 

上記で、子育てがきつくて疲れる理由に「プレッシャー」を上げましたが、このプレッシャーをパートナーからかけられるパターンもあります。

 

自分は外で稼いでいるから、育児や家事は家にいる人の仕事

と言われ、育児を全くしてくれない場合もあるのですよ。

 

更に

家事やパートナーの世話も家にいる人の仕事

と言わんばかりに、簡単な片付けさえもさせている人もいますよね。

 

家事や子育てだけでなく、パートナーの世話までしていたら疲れるのも当然ですよ。

子供をあやすのが難しいなら「せめて家の中の家事を協力してほしい」と話し合いましょう。

 

子育てのおすすめのリフレッシュ方法

子育てはきついと感じたときに、おすすめのリフレッシュ方法をご紹介します。

上記で、子育てをきついと感じる時期や、疲れる理由をご紹介しましたが、これからは「リフレッシュ方法」をご紹介します。

 

リフレッシュする方法①「パートナーに協力してもらう」

上記でも、疲れる理由に「パートナーの協力がない」ことをあげました。

 

ですが、正直「パートナーの協力は必要」ですよ。

それは

  • 子供は夫婦の子供だから

です。

 

夫婦で子供を望んだのですから、子育ては夫婦で助け合いながら行うべきでしょう。

 

もちろん生活や家族のために、外で仕事をすることも大切です。

仕事の人間関係やプレッシャーも、かなりのストレスだと思います。

 

ですがだからと言って、子育てのすべてを片方だけに押し付けることは違うと思います。

 

よく

仕事の方が子育てよりも大変できつい

と、言う人が居ます。

 

ですので、ちょっとしたことですが、比べてみました。

 

【職場(仕事)と育児の相手の違い】

  • 職場(仕事)で関わる人は「ある程度の常識のわかる大人」が相手
  • 子育ては「常識も言葉もわからない子供」が相手

 

一番、わかりやすいことを比較してみました。

あなたは、どちらが楽だと思いますか?

 

「常識も言葉も通じない相手と、四六時中一緒に過ごさないといけない」という仕事を、誰も好き好んでしようと思わないでしょう。

 

ですが、そんな苦しい仕事でも、こなさないといけないのは、目の前にいるのが「我が子」だからです。

 

別に「一緒に苦労をしろ」という訳ではありません。

外で働くことも大切ですが、子育ては「夫婦二人の仕事」です。

どちらか片方だけが、しないといけないことではないので、パートナーも子育てに関わり、助け合いながら子育てをすれば、片方の負担も減ると思います。

 

二人の子供なのですから、二人で試行錯誤しながら育てていきましょう。

 

リフレッシュする方法②「何もしない」

リフレッシュする方法として、何もしないことをご紹介します。

 

上記のリフレッシュ方法に「パートナーに協力してもらう」ことを上げました。

その協力を得た上での、リフレッシュ方法になります。

 

子育ては、命を育てているのですから、一時も目が離せないですよね。

子供がお昼寝をしていても

息をしているかな?

と、心配になって顔をのぞきこんだり…。

お昼寝のわずかな時間ですらも、子供の心配をしているのですから、気が休まるときがありません。

 

だからこそ、ほんの1時間でもいいのでパートナーに子供を預けて、何もせずゆっくり休んでください。

 

「あれやこれをしないと、いけない」と思わずに、何もしなくていい時間を作って休みましょう。

 

リフレッシュする方法③「趣味を楽しむ」

子育てや家事を優先してばかりで、自分の時間が全く取れません。

 

やりたいことがあっても、全くできずに「イライラ」してしまいますよね。

 

パートナーに2時間くらい子供を預けて、したかった趣味をして、リフレッシュしましょう。

カフェで美味しいケーキを食べてもいいし、本屋さんで立ち読みもいいですよね。

 

「子供が一緒だとできない」と諦めていたことを、ほんの少しの時間でも楽しみましょう。

 

リラックスする方法「育児を楽しむ」

パートナーに子供を任せても、子供のことが心配になるかもしれませんね。

 

ですが、パートナーも「親」です。

あなたも「親」ですが、パートナーも「親」なのですよ。

もしも、親であるパートナーが子供を持て余してしまったら、と心配になってしまう場合は、子供のあやし方や接し方を教えていきましょう

 

この人は頼りにならない

と、一人で子供を育てることもできますが、長い目で見れば良いことだとは思えません。

 

パートナーは、子育てのパートナーでもあります。

それに子育ては「苦しい・きつい・しんどい」だけではありません。

 

子供の成長を見ることは、何よりも嬉しくて楽しいことです。

 

その嬉しいことや楽しいことを共有するためにも、お互いが助け合い、リラックスすることが必要だと思いますよ。

 

子育てはきつい|まとめ

今回は、子育てはきついのか、大変な時期や疲れる理由と、おすすめのリフレッシュ方法をご紹介しました。

 

子育ては、実際に経験してみないとわからない部分が多いです。

妊娠中に「育児書」をしっかり読んでいても、育児書通りにはならないことが多くあります。

 

子育ては、正直本当にきついです。

大変な時期も確かにありますし、疲れ果ててどうでも良くなってしまうこともあります。

私自身「なんで子供なんて産んだのだろう…」と、後悔することもありました。

 

ですが、それにまさる「喜び」があります。

体力的にも精神的にもきつい毎日でしたが、些細なことで子供が笑ってくれたり、美味しそうにご飯を食べている姿を見ると「明日も頑張ろう!」と思うことができます。

 

育児は「育自(自分を育てる)」とも言うそうです。

「子供を育てることで、自分も成長できる」と前向きに考えて、パートナーと一緒に子育てを頑張りましょう。

 

あわせて読みたい:

子育て中は喧嘩ばかり?夫婦ケンカの原因と仲直りの方法や楽になるコツをご紹介

子育て中は喧嘩ばかり?夫婦ケンカの原因と仲直りの方法や楽になるコツをご紹介
子供が産まれれば、今までとは違うてんやわんやの生活が始まりますので、毎日が試行錯誤になります。そんな時に、ついしてしまう事が「夫婦喧嘩」です。お互いが忙しくて、心に余裕がなくなって起こってしまう事だと思います。今回は子育て中の喧嘩、夫婦ケンカの原因と仲直りの方法や、楽になるコツをご紹介します。

 

子育てがうまくいかない?イライラや自己嫌悪で疲れたときの秘訣をご紹介します

子育てがうまくいかない?イライラや自己嫌悪で疲れたときの秘訣をご紹介します
子育ては辛抱が必要と言われますが、うまくいかない時もありますよね。そんなときに、ついイライラして子供に怒鳴ってしまって、後で自己嫌悪に陥ってしてしまったり、全てを投げ出したくなるくらい、疲れてしまうこともあります。今回は、子育てがうまくいかなくて、イライラや自己嫌悪で疲れたときの秘訣をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました