美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

【節分】なんのためにある?やる意味など歴史や由来を紹介します!豆まき・鬼だけじゃない

節分の油冷や意味は

節分とはなんのためにあるのでしょうか?

「節分」といえば、豆まきと鬼というイメージですが、その由来や歴史などについて、あまり知らなくても「節分」の行事はできます。

そこで「節分」をやる意味など詳しく知って、楽しい「節分」の一日を過ごしてみてはいかがでしょう。

 

【節分】はいつからある?節分の歴史

「節分」と言われる日は元々、季節が変わる日

立春・立夏・立秋・立冬

の 一年に4日ありました。

 

旧暦では、「立春」から新しい年が始まります。 そこでいつしか、新しい年の始まりの前日を特に「節分」と言うようになりました。

 

追儺という行事が節分の始まり

節分の歴史

「節分」に行われる豆まきの始まりは、 西暦706年、疫病がはやり、当時の文武天皇が行った 「追儺(ついな)」という行事が始まりだと言われています。 病気や不作を鬼の仕業として追い払う、中国から伝わった行事です。

 

「追儺」は、平安時代になると、宮中行事として大晦日に行われるようになり、 室町時代には庶民にも定着しました。

 

【節分】の由来・やる意味は?

元々、中国では大晦日に「追儺」が行われていました。

中国では、ももの木で「弓矢の矢」を作り、その「弓矢」で鬼を打つ行事でした。日本に伝わってからは「豆打ち」となり、その名残りとして豆まきとなりました。

 

昔の節分は今でいう大晦日

節分といえば豆まき

「追儺」は、季節が変る時に、人に害を及ぼすような事が起こると考え、 それを追い出すための行事でした。

 

旧暦では、「立春」が一年の始まりの日で、その前日の「節分」は今でいう大晦日で、 一年の終わりの日に鬼を打ち払い、新しい気持ちで新しい年が来るようにしました。

 

また「節分」は、毎年2月3日に決まっていると思われがちですが、間違いで 2月3日前後ということになります。

 

【節分】には何をする?節分にやる事

節分にやる事

「節分」といえば、豆まきです。

 

昔の人は、豆などの穀物類は、人間を病気や悪いことから(鬼に見立てる) 「守ってくれる」と考えていました。 豆という字を「魔目(まめ)」とあて字をし、鬼の目にめがけて投げ、 鬼を滅ぼす(魔滅をまめと読ます)ことができると考えました。

 

煎った豆で鬼を退治する

ちなみに、豆まきで使う豆は「生」ではなく、「煎った豆」です。 「豆を煎る」から「魔の目を射る」につながるからです。

また「生」のままだと豆まきをして、拾い忘れた豆が「芽」を出す心配があるからです。

 

ほとんどの家庭では、「父親」が鬼の「お面」被り、鬼役をやるのではないでしょうか。 「福は内」「鬼は外」と言いながら豆まきをして、終わったら「年齢の数プラス1個」 豆を食べて、無病息災を祈ります。

 

各地により節分の風習も違う

節分に恵方巻きを食べる

関西地方や東海地方では「恵方巻」を食べる風習があります。 これは、その年の「恵方」(毎年の干支から良いと定められた方角のことで、 その年は、年神様がその方角にいるとされている)を向いて、「太巻き寿司」を 一言もしゃべらずに丸かぶりして、一年の「無病息災」・「家内安全」・「商売繁盛」を 願うものです。

 

近年、この風習が全国的に広まり、スーパーやコンビニなどでも「恵方巻」を 販売するようになりました。 その他の風習として「ひいらぎの木の枝」を「イワシの頭」刺したものを家の入口に飾る所もあります。 これは「ひいらぎの木の枝」の「とげ」と「イワシ」の悪臭を鬼が嫌うためです。

 

【節分】鬼の語源について

昔の人は、季節の変わり目には、人にとって「良からぬ」事が起きると思っていました。

 

鬼という言葉の語源は『おぬ』

その「良からぬ」事とは、鬼の事です。

人々の考え及ばないような、自然災害や病気などは、鬼の「仕業」にしました。

そこから、季節の変わり目の「節分」には、鬼を打ち払う行事を行うようになりました。 鬼の「語源」として

  • 「人の目には見えないようなもの」
  • 「この世のものとは考えられないもの」

おぬと言っていました。

そこから転じて「鬼(おに)」になったようです。

 

【節分】なんのためにある・由来・歴史|まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、節分の由来や歴史についてご紹介しました。

 

「節分」には「福は内」「鬼は外」と言って豆まきをして、 豆を食べれば良いと思っていた方もいらっしゃるとおもいますが、 「節分」の由来や意味を知ることで、今度の「節分」は今までとは「違う」 ものになると思います。

 

しっかり豆まきをして、鬼を払いのけましょう

 

あわせて読みたい:

節分【恵方巻き】を食べるのはなぜ?歴史や由来と方角など正しい食べ方を紹介!豆まきについても

節分【恵方巻き】を食べるのはなぜ?歴史や由来と方角など正しい食べ方を紹介!豆まきについても
2月3日は「節分」ですよね。最近では「恵方巻き」を食べるということも定着してきましたね。しかし、実は恵方巻きの歴史は浅いってご存知でしたか?そこで今回は、最近定着しつつある恵方巻きについて解説して行きたいと思います!これから恵方巻きの予約をしようという方はぜひ参考にしてみてください♪

 

節分【鬼退治】の意味を知るともっと楽しめる!節分の由来も合わせてご紹介

節分【鬼退治】の意味を知るともっと楽しめる!節分の由来も合わせてご紹介
お正月が終わると、次にくるのは節分の豆まきです。節分の豆まきをするご家庭、今までしたことないというご家庭もあると思います。豆まきをするとき、「鬼は外〜、福は内〜」と掛け声をかけるのは一般的です。この「鬼は外」という言葉の意味ご存知ですか?この鬼退治の意味と節分についてご紹介します。

 

節分【飾り】玄関はどうする?節分の飾りつけの意味と期間についてご紹介!柊鰯の作り方も

節分【飾り】玄関はどうする?節分の飾りつけの意味と期間についてご紹介!柊鰯の作り方も
皆さんは「節分の日」に、ご自宅に飾り付けなどを行っていますか?飾ると決めたものの、いつ頃出していつ頃片付ければ良いのか?などの期間も曖昧です。それに加えて節分飾りは「玄関」も関係していると聞いて、パニックになりますよね。今回は節分に行う節分飾りの内容や意味、飾り付けの期間などを詳しくご紹介します。

 

保育園【卒園式】40代ママの服装はレンタルできる?無難な色はコレ!洋服人気ブランドもご紹介

保育園【卒園式】40代ママの服装はレンタルできる?無難な色はコレ!洋服人気ブランドもご紹介
卒園式は、少しずつ成長して立派になった「子供たち」にとって、大切な「ハレ」の日です。卒園式を見守るお父さんやお母さんも、ふさわしい服装で挑みたいものですね。そこで今回は、保育園の卒園式で40代ママの服装(洋服)はレンタルできるのか、洋服の人気ブランドや無難な色を紹介していきますね。
タイトルとURLをコピーしました