美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

年賀状の雑学(豆知識)!いつ頃からあるの?といった歴史に関する疑問から出し方や由来をご紹介

年賀、新年の挨拶 正月・年末年始

年賀状の由来や歴史をご存知でしょうか?

 

毎年書いているけど、深く考えたことがある人は少ないと思います。

今回は、そんな年賀状に関する雑学(豆知識)についてご紹介していきます。

 

あわせて年賀状のマナーや書き方、出し方についてご紹介します。

 

【年賀状の歴史】いつ始まった風習なの?

年の始めの挨拶を「年賀」と言いますが、「年賀状」とは、それを手紙にしたものです。

「年賀状」の歴史は、江戸時代に遡ります。

 

年賀状は年始の挨拶が簡略化されたもの

年賀状の歴史や由来

当時の庶民は、1月2日か3日から1月15日くらいまでに、親戚や知人などを訪問していましたが、行動範囲が広がるにつれて簡略化され、挨拶だけですましたり、現在で言う「メモ」を残して帰るようになりました。

 

1873年日本で初めてはがきが発売されました。

 

それに伴い、徐々に「年賀」のはがきを出すようになりました。

最初の頃は、正月に「ポスト」に入れていましたが、その後、しばらくすると「元旦」の「消印」を求めて、年末に「ポスト」に入れる人が急増し、郵便局員は「てんてこ舞い」だったそうです。

 

このような事から、1982年に「年賀郵便特別取り扱いが始まり、現在のように「12月○○日」までにポストに入れば、「元旦に届く」と言うようになりました。

 

【年賀状】のマナーと書き方

「年賀状」は、年始の挨拶回りを「省略」した物です。

 

早め早めに準備して、元旦に届くよう心がけましょう。

もし出し忘れたり、何かの都合で年内に出せなかった場合は、

松の内(一般的には1月7日)までには出すようにしましょう。

 

年賀状の基本的な書き方とマナー

年賀状の書き方

基本的な「年賀状」の書き方として、

 

①一番先頭には四字熟語を

一番先頭に書く言葉として、特に「目上の人」に対しては、

「謹賀新年」などおめでたい「四字熟語」を書くのが一般的です。

また、「同僚」や「友達」など親しい人に対しては、「寿」「迎春」「あけましておめでとうございます」など書くのが一般的です。

 

②日頃の感謝や現状報告を

二番目に書く言葉として、年を越す事が出来た喜び、常日頃の感謝、現状の報告などを書きます.。

 

③今年もよろしく

三番目に書く言葉として、今年もよろしくお願いしたいと言う思いを書きます。

 

④幸福を祈る気持ちや言葉

四番目に書く言葉として、「年賀状」を受け取る人や家族の健康や幸福を祈る気持ちを書きます。

 

最後に、何か書きたい事があれば、小さな字で簡潔に書きましょう。

 

【注意!】年賀状で書いてはいけない言葉

おめでたい「年賀状」なので、「去る」「失くす」「倒れる」などの忌み言葉」は絶対に避けましょう

 

【年賀状】の正しい出し方は?輪ゴムはあり?

年賀状の出し方

「年賀状」をポストに入れる時に、どのように入れたら良いでしょうか?

悩んだことがあるのでないでしょうか?

 

一般的には、輪ゴムで十文字に止めて出すのがよいとされています。

 

年賀状は輪ゴムを十字に止めて出す方がいい

理由として、

①バラバラでポストに入れると、「年賀状」ではなく「一般郵便物」として処理されてしまう可能性があるからです。

 

(私も数年前にバラバラでポストに入れた事があり、正月前に「年賀状」が相手に届いてしまい、恥ずかしい思いをした経験があります。)

 

②郵便局の人が、ポストから出す時に取り出しやすいためです。

 

③輪ゴムで止める事によって「年賀状」が傷つきにくくなるためです。

 

また、年末と言う忙しい時期なので、郵便局員の人の負担を少しでも減らすために

  • 「はがきの向き」を揃えて出す、
  • 市内」「市外」「県内」「県外」の分類をして出す

などの心配りも必要ではないでしょうか。

 

【年賀状】のお楽しみ

「年賀状」の楽しみには、もらう楽しみの他に「年賀状」の

「お年玉賞」の抽選があります。

初回の1等賞は「ミシン」その後、「洗濯機」「電子レンジ」「旅行」「液晶テレビ」となり、2014年からは、「現金」になりました。

まさに、その時代を反映しているようです。

 

【年賀状】の雑学(豆知識)出し方・書き方|まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、年賀状の雑学や意外と知らない出し方、書き方についてご紹介しました。

 

「年賀状」は、日本古来の「正月」の伝統行事です。

最近では、「メール」や「電話」などで新年の挨拶をする人も多くなっています。

また、「年賀状」の準備が面倒で出さなかったりする傾向にあります。

郵便局もこのような傾向を危惧して、テレビでコマーシャルをしたり、スーパーなどで出張販売を行っています。

 

「年賀状」の本来の意味は、相手の健康、幸福、繁栄を祈るという日本人的な素晴らしい意味があります。

時代は変わっても、このような素晴らしい日本の代表的な伝統行事の「年賀状」がいつまでも続いてほしいものです。

 

あわせて読みたい:

おせち料理【14種類】食材の意味を解説します!起源(由来)や歴史も紹介

おせち料理【14種類】食材の意味を解説します!起源(由来)や歴史も紹介
おせち料理の起源や歴史をご存知でしょうか?お正月といえば、おせち料理ですよね。おせち料理の内容は、数の子・伊達巻など決まった食材が入っていますが、どういった意味があるかのでしょうか。今回は、14種類の食材の意味を解説します。あわせて歴史(由来)・起源についてもご紹介。

 

【注意】こんな年賀状の書き方は間違い!知っておきたいマナー&コツ、いつまでに出せば元旦に届く?など投函期限もご紹介

【注意】こんな年賀状の書き方は間違い!知っておきたいマナー&コツ、いつまでに出せば元旦に届く?など投函期限もご紹介
皆さんは正しい年賀状の書き方を知っていますか?今回は【こんな書き方は間違い!】といった書き方のマナーや年賀状を書くコツをご紹介していきます。またあわせて、いつまでに出せば元旦に届く?といった投函期限のこともご紹介していきます。

 

年末年始の雑学【大晦日】の意味や年越しそばを食べる理由とは?【正月】に何する?お年玉の起源もご紹介

年末年始の雑学【大晦日】の意味や年越しそばを食べる理由とは?【正月】に何する?お年玉の起源もご紹介
年末年始を楽しく過ごしたい、という方必見!大晦日やお正月のいわれや習わしについてご存知ですか?今回は、なぜ年越しそばを食べるのか?という理由や除夜の鐘の意味、お正月の起源や意味についてご紹介していきます。正月や大晦日にまつわる雑学をチェック!

 

お正月(年末年始)の国内旅行でおすすめ穴場スポットやインスタ映えの場所は?

お正月(年末年始)の国内旅行でおすすめ穴場スポットやインスタ映えの場所は?
年末年始やお正月休みの時は、旅行や観光にいく人達が少ない時期でもあるので国内旅行をするチャンスでもあります。子供や家族と楽しめる場所や穴場・インスタ映えスポットなどに行かれた方がより充実できると思います。今回は、お正月の国内旅行でおすすめ穴場スポットやインスタ映えの場所をご紹介していきます。

 

喪中の年賀状はどうする?期間やマナーも合わせてご紹介します!いつまでに送る?届いたら受け取る?

喪中の年賀状はどうする?期間やマナーも合わせてご紹介します!いつまでに送る?届いたら受け取る?
年賀状と言えば新年のおめでたい挨拶として昔から当たり前に行われてきました。ただ配慮したいのが「喪中の年賀状」です。そこで今回は喪中の年賀状の事について、喪中の期間やその間の年賀状のやりとりはどうするのか?マナーはあるのか?などをお話ししていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました