美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

ミニマリストを目指す子持ちの主婦【必見】断捨離すべき3選!鞄の中身や自宅に置く節約品は?

ミニマリストを目指す子持ちの主婦【必見】断捨離すべき3選 ライフスタイル

ここ数年「断捨離」が流行り始め、「ミニマリスト」という言葉も耳にする機会が多くなってきました。

 

世間一般的に「断捨離=ミニマリスト」と考える方も多いと思います。

私の考えで恐縮ですが、私自身も

断捨離を本当に頑張った末がミニマリストかなぁ

と思っています。

 

人の考えはそれぞれですので、いろいろなとらえ方はあると思います。

 

「ミニマリストを目指す」は、とりあえず置いておいて

  • スッキリした生活をしたい
  • 身の回りを整えたい

と思われる方にも断捨離はオススメです。

 

そこで今回は、ミニマリストを目指す子持ちの主婦が断捨離すべき物3選や鞄の中身や自宅に置く節約品などについてご紹介していきます。

 

ミニマリストを目指す子持ちの主婦が断捨離すべき物3選!

ミニマリストを目指す子持ちの主婦が断捨離すべき物3選をご紹介します。

 

ミニマリストになるための第一歩はやはり断捨離です。

家の中のもので、まず断捨離をした方がいいものをご紹介していきますね。

 

断捨離した方がいいもの「マット類」

まず簡単に手放せるマット類」を断捨離しましょう。

マット類は「キッチンマット・玄関マット・トイレマット」などがあります。

皆さんは、マット類を「いつ・どうやって」お手入れするのかご存じですか?

  • 洗濯機に突っ込む
  • 天日干しのみ
  • ファブリーズなどを吹きかけて、干してコロコロで表面のゴミを取る

などのお手入れ方法があるかと思います。

 

でも、本当にそれでいいのでしょうか?

マットのお手入れには、明確な方法はなく(私が知らないだけですが)

  • 汚れたら買い替える

という方が多いのではないでしょうか?

 

ということであれば買わなくてもいいのでは?」と思うのです。

お手入れ方法もあやふやなものを、漠然と使い続けるよりマット類を断捨離して、マット類を購入するためのお金を、他の生活が楽になるものに当ててみてもいいのではないでしょうか?

 

 

断捨離した方がいいもの「ビニール傘」

【裏ワザ】ビニール傘が盗まれない対策

二番目に断捨離した方がいいものは、玄関の傘置き場にたまっているビニール傘です。

たまってない方もいるかもしれませんが、ビニール傘はコンビニなどで手軽に買えるため、突然の雨の時にとても便利です。

 

ですがそれが何度も続くと、傘置き場はパンパンになっていませんか?

もしも家族の人数分以上の傘があるなら、思い切って断捨離しましょう。

 

そして、ビニール傘を買わないように「軽い折り畳み傘」の購入を検討したらいかがでしょうか?

 

ビニール傘はかなりお安い値段ですが、もしもビニール傘が10本以上あれば、少しお値段が高くても「じょうぶでコンパクトな折り畳み傘」を一本購入できる金額になると思います。

いつ壊れるかわからないビニール傘よりも(ごめんなさい)、ちょっと高くても「自分の気に入ったコンパクトな折り畳み傘」の方が、雨の日も楽しくなりませんか?

 

断捨離した方がいいもの「衣類」

私が「断捨離」しないといけない!

と痛感しているものの筆頭です。

 

現在、私は出産前後からかなり太ってしまい…もう産後太りじゃないよね?と言われています。

そんな私がため込んでいるのは「太る前から着ていた服」です。

痩せたら着よう!

と思っていた服がかなり大量にあります。

子供のサイズアウトした服もかなりあります。

 

もう着られない服を大量に持っていても「それ着るのはいつ?」「その頃には流行も変わるよ」というお小言が耳に刺さり、断捨離を行っています。

 

ため込んだ服をみれば、

  • シミが出来ている
  • 虫食いがある

などなど、もう一度着られる状態のものではありませんでした。(私の保存が悪いのです)

 

ため込んでいた服は、感謝の気持ちを込めて「リサイクル」へ持って行ったり「ぞうきん・ふきん」に生まれ変わっています。

 

ミニマリストを目指す子持ちの主婦の鞄の中身は?

ミニマリストを目指す子持ちの主婦の鞄の中身をご紹介します。

 

私はまだまだ「ミニマリスト」からは程遠いですが、普段持ち歩く鞄の中身はシンプルにしたいと思っています。

ですが子持ちの主婦の皆さんは、子供の年齢によってはシンプルさを求めるのは難しいと思います。

今回は、子供がそれなりに大きくなって「自分の荷物を持てる子供と一緒のお出かけ」を想定してご紹介していきますね。

 

ミニマリストを目指す子持ちの主婦の鞄の中身「ウェットティッシュ」

ミニマリストを目指して「鞄の中身は、財布・携帯・家の鍵だけです」と言いたいところですが、子供たちがいるとそうはいかないのが現実です。

 

子供と一緒に外食する時に便利な「ウェットティッシュ」は必ず鞄の中に入れています。

お店の中に、手を洗う場所が見当たらない場合に「食事の前に手を拭かせる」ためです。

子供の年齢によっては、食事中にも口元をドロドロにする場合が多いです。

そんな時に「お店で出してもらったお手拭き」だけでは足りません。

 

以前は、自宅から「おしぼり」をウェットティッシュの代わりに鞄に入れていましたが、一枚では足りなかったのでウェットティッシュに変更しました。

 

ミニマリストを目指す子持ちの主婦の鞄の中身「折り畳み傘」

私は、「晴雨兼用の折り畳み傘」をいつも持っています。

最近は、日差しもキツイですし突然の雨も多いです。

子供は、気が向いたら自分のリュックに「傘」を入れていますが、入っていない時もしばしばあります。

そんな時は子供と一緒に傘に入ってもいいですし、子供が複数なら子供たちを傘に入れて、自分は上着のフードをかぶっています。

思えば、私は外出のときは「フード付きの上着」を着ていることが多いです。

 

コンビニのビニール傘を購入したこともありましたが、外で傘を差した瞬間、突風がきて傘が壊れてしまい…それ以来、ビニール傘を購入していません。

 

 

ミニマリストを目指す子持ちの主婦の鞄の中身「マスク」

冬になると「インフルエンザやいろいろな感染症」が流行ってきます。

そんな時は「人が多い場所はさける」ことがベストですが、そうは言えない時もあります。

そんな時は自宅からマスクをしていきますが、マスクが汚れてしまったときや子供たちがマスクを無くしたとき用に、鞄に「マスク」を入れています。

 

冬場じゃなくても、砂ぼこりがひどい時などにも使えますので、私は家族の人数分のマスクを常に入れています。

 

ミニマリストを目指す子持ちの主婦が断捨離して自宅に置く節約品は?

ミニマリストを目指す子持ちの主婦が断捨離して自宅に置く節約品をご紹介します。

 

「節約品」というと、敷居が高いかもしれませんね。

ですが私の場合、断捨離をしたいがために「使える物まで捨てるのはもったいない」という考えがあります。

便利な商品を購入することは簡単ですが、今目の前にあるものにも目を向けて考えてみませんか?

 

断捨離をしても自宅に置く節約品「ぞうきん」

私が真っ先に断捨離しているものは「衣類・布類」です。

服や鞄で「リサイクル」できそうな物はお店に持っていきます。

 

ですがリサイクルできない汚れた衣類・布類」はそのまま捨てずに掃除に使います。

タオル類なら、手ごろな大きさに切って「ふきん」として使いきって処分します。

靴下や服なども、カットして掃除機では届かない隙間の拭き掃除や廊下の水拭きに使っています。

使った後は、そのままゴミ袋にポイです。

フローリング用のお掃除シートなども販売されていますが、使いきってから購入するようにしています。

 

そんな手間をしなくても…と言われたこともありますが「これがお金をかけて購入した物の末路だ」と自分に言い聞かせています。

最近は「便利そうだから購入してみよう」が減ったので、少しは節約になっています。

 

 

断捨離をしても自宅に置く節約品「食洗器」

断捨離は「物を減らす」ことですが、それでもあえて食器洗い乾燥機の購入ができるなら購入した方がいいと思います。

食洗器の種類によっては、取り付けできない場合もあるので必ず購入前に確認してくださいね。

 

子持ちの主婦の皆さんにとって、家事の一つに「皿洗い」があります。

最近は「共働き」のご家庭も増えてきました。

 

旦那さんの家事の担当が「皿洗い」の場合はお願いできますが、旦那さんの帰りの時間が遅い場合や出張などでご不在のご家庭は、すべて行わないといけません。

 

皿洗いも大切な家事の一つですが、それは機械にお任せして「子供と向き合う時間」や「ゆっくり休む時間」に当てたらいかがでしょうか?

 

皿を洗う時間より、子供と向き合う時間の方が大切だと私は考えています。

「家事が面倒だから」ではなく、時間を節約」できるアイテムだと思います。

旦那さんの家事担当だとしても、旦那さんも子供たちと向き合う時間も欲しいと思います。

 

もしも購入ができるようであれば、購入を検討してみてください。

 

断捨離してでも自宅に置く節約品「ふとん乾燥機」

「断捨離なのに、また家電?」と思われそうですが、あったら本当に便利です。

他にもたくさんの便利家電はありますが、あえて「ふとん乾燥機」をオススメします。

 

子供のいるご家庭の主婦の皆さんは、ふとんを干すときどうしていますか?

家族分のふとんを干せる広さのベランダがあればいいかもしれませんが、マンションなどにお住まいの方(景観の問題でふとんを干せない場合もあり)やベランダが狭くて…という方に特にオススメします。

 

湿気を吸ったふとんは本当に重いです。敷布団やマットを干すときはかなりの重労働になります。

それを家族分干すのは本当に大変です。

 

そこで、ふとん乾燥機がとても便利です。

「ベランダに干しきれなかったふとん一式を乾燥機にかける」もいいですし、突然の雨に慌てることもありません。

 

ふとんは「体を休める大切なアイテム」です。

お日様に当てたふとんは本当に気持ちいいですが、最近は「ゲリラ豪雨」や「梅雨」の時期もありますし、あればとても重宝しますよ。

 

ミニマリストを目指す子持ちの主婦の断捨離|まとめ

ミニマリストを目指す子持ちの主婦が断捨離すべき物3選と鞄の中身や自宅に置く節約品についてまとめてみました。

 

ミニマリストを目指すためには「断捨離」は必須だと思います。

ですが「ただ捨てる」だけでは、本当にもったいないです。

断捨離をしたいからと言っても、物を粗末にはしたくない気持ちがあります。

商品を購入した時には「使い道」が必ずあったハズです。

ですが、その商品は使われていますか?

 

一番の断捨離は「物をむやみに購入しない」ということに気が付きました。

 

ミニマリストというより「自分にとって快適な生活をするための断捨離」と考えた方がいいと思います。

ミニマリストになるのは次の段階と思います。

 

皆さんにとっても

  • 使い勝手がいいか
  • 長く使えるか
  • 自分の理想の生活か

などを考えるきっかけになればうれしいです。

 

あわせて読みたい:

断捨離のコツ【なくても困らないもの】を教えます!収納グッズで片付けすべし

断捨離のコツ【なくても困らないもの】を教えます!収納グッズで片付けすべし
なかなか断捨離できない方も多いのではないでしょうか?思い出の品物や写真などがでてきたりして、なかなか思うように進まないですよね。便利な収納グッズを使うと苦手意識も改善されますよ!今回は、上手に断捨離するコツやなくても困らないものを教えます。また、捨てることができない場合は便利な収納グッズを活用が便利。
タイトルとURLをコピーしました