美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

スキー・スノーボード簡単な【ホットワックス】のやり方を紹介します!誰でもできるメンテナンス方法

スキー・スノーボード

いよいよ冬のシーズンが到来します。

スキー・スノーボードのメンテナンスはしっかりしましたか?

安全に冬のシーズンを楽しむために、今回は、スキー・スノーボードのホットワックスの仕方を紹介します。

 

誰でもできるシーズン前のスキー・スノーボードのメンテナンス

メンテナンスと聞くと、

専門の道具が必要で、難しそう。

と思うかもしれません。

近くのスキー・スノーボードショップで手に入る道具を使った、簡単なホットワックスのやり方を紹介します。

これはスキー・スノーボード関係なく、板を長く、そして大切に使うには、最低限しなければならない作業ですので、ぜひ実践してみてください。

 

用意するもの

スキーショップで買えるもの

  • アイロン (家庭で不要になったアイロンでも可)
  • リムーバー
  • ワックス (大体-5℃~-15℃対応のワックスを揃えればOK)
  • ワクシングペーパー
  • 馬毛ブラシ
  • スクレーパー

これらはセットで売られていることもありますので、一度店員さんにお尋ねになることをおすすめします!

 

リムーバーでソール(滑走面)の汚れを除去!

雪には土や埃が含まれているので、ソールは滑っているうちにどんどん汚れてきます。

まずはリムーバーを使って、それらの汚れを落としていきます。

 

拭き取るペーパーは、ご家庭にあるようなキッチンペーパーでも代用可能です。

  1. リムーバーをまんべんなくソールに塗ってください
  2. すぐに、タオル等を使って拭き取りましょう

すると、タオルが真っ黒になるくらい汚れが取れると思います。

何回か拭き取りを繰り返して、汚れがなくなるくらいまでやりましょう。

 

  1. ソールが乾くのを待ちましょう

 

アイロンを使ってワックスをソールに馴染ませる

アイロンを使ってワックスを溶かすことで、よりソールに馴染ませやすくなります。

アイロンの温度ですが、高温すぎるとソールにダメージを当てるのでダメです。

低音すぎるとワックスが溶けません。

なので、

「アイロンにワックスを当てて、煙が出てしまわないの温度

がいいでしょう。

 

ワックスの選び方ですが、天気予報を見つつ、雪が降って寒そうだなと思えば、低い温度の対応ワックスを。

晴れて暖かそうだなと思えば、高い温度の対応ワックスを使ってください。

 

  1. 1度ワックスをソールに生塗りします。
  2. ワクシングペーパーをソールの上に置き、片側に500円玉くらいの大きさのシミができるくらい、ワックスを垂らします
  3. 垂らした方をソールに当て、上からアイロンで押さえ込み、片側のペーパーを手に持ち前方から後方まで流してください。

 *常に一定方向(滑走方向)に流してください

  1. ある程度ワックスが伸ばせたら、ワックスをソールに浸透させるイメージを持って、ゆっくりとアイロンを流していきます

 これを数回行ってください。

 *アイロンを止めておくと、ソールが焦げてしまう可能性があります。

 

スクレーパーと馬毛ブラシを使って仕上げ!

ホットワクシングをした後は、20~30分程度常温に戻るまで待ってください。

待たずにスクレーパーでワックスを剥がしてしまうと、ソールに浸透していっているワックスを剥がすことになるので、ホットワクシングした意味がなくなってしまいます。

 

  1. スクレーパーでワックスを剥がす

 スクレーパーを大体45°くらいに傾けて、あまり力を入れずにやりましょう。

 

  1. 馬毛ブラシを使って仕上げ!

 ソールを磨くというよりは、ならすような感覚で行ってください。細かいワックスが出てきたら、タオルで拭き取ってください。

 

最後にビンディングを設定!

スキー板には、ビンディングの調整が前後にあり、ドライバーを使って調整ができます。

自分好みのビンディングに調整してください。

 

スノボー板は、ビンディングの位置・角度、スタンスの幅・角度などいろいろ自分好みに調整することができます。

ドライバーがあれば簡単にできますので、調整してみてください。

 

スキー・スノーボード簡単な【ホットワックス】のやり方|まとめ

ちょっと面倒だな、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、スキー・スノーボードは高価なもの、長く大切に使うには、このメンテナンスが欠かせません。

 

メンテナンスを続けると、愛着も出てきますので、ぜひ実践してみてください。

 

あわせて読みたい:

スキー・スノーボード放ったらかしNG!1人で簡単にできる!シーズンオフメンテナンス方法

1人で簡単にできる!シーズンオフメンテナンス【方法】スキー・スノーボード放ったらかしNG!
スキーのオフシーズン、自分のスキー・スノーボードを放ったらかしにしていませんか?せっかくの自分の板の寿命を短くしていることと一緒です。自分の板を大切に長く使うためにシーズンオフにするメンテナンス は非常に大切です。今回は、1人でもできる、簡単なスキー・スノーボードのメンテナンス方法を紹介します。

 

サロモンスノーボード板【2019-2020】 おすすめオールラウンド板4選をご紹介!

サロモンスノーボード板【2019-2020】 おすすめオールラウンド板4選をご紹介!
ルイーフパラダイスなど、有名ライダーが所属するSALOMON(サロモン)。今回は超有名ブランド”サロモン”の2019-2020モデルから、カービングもパークもパウダーもできる板が欲しい!という欲張りな方へ、おすすめオールラウンドボードを現役スノーボードインストラクターの私が紹介させていただきます!

 

【初心者必見】スノーボードの板の選び方をご紹介!形状・長さ・硬さなど、おすすめはキャンバー?ロッカー?

【初心者必見】スノーボードの板の選び方をご紹介!形状・長さ・硬さなど、おすすめはキャンバー?ロッカー?
「スノーボードを始めたいけど、どんな板を買ったらいいのか分からない」「今まではレンタルボードだったど、今シーズンはマイボードが欲しい!」こんな方の為に、今回は初心者向けのスノーボード板の選び方をご紹介。他にも、長さ、硬さ、形状など、初心者におすすめの板をスノーボードの現役インストラクターの私が解説します。
タイトルとURLをコピーしました