美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

ハンドメイドの撮影方法を解説【初心者必見】スマートフォンでもできる?作品を綺麗に写すコツ

ハンドメイド

ハンドメイドがかなり上達してくれば、周囲の人たちに「販売」を進められますがそこで大切になってくるのが

  • ハンドメイド作品の写真撮影

です。

何も考えず真上から撮影するだけでは、のっぺりした写真に…

 

今回は、ハンドメイドの撮影方法や作品を綺麗に写すコツや、スマートフォンでもできるのかをご紹介します。

 

ハンドメイドの撮影方法とは?

ハンドメイドの撮影方法とは、どのようなものなのかをご紹介します。

 

ハンドメイド作家になって作品販売を考え始めると、様々な販売方法を考えますよね。

  • インターネット販売
  • 委託販売
  • バザーやイベントへの出店販売

など、様々な販売方法があります。

 

委託販売やバザー・イベント販売をする場合には、撮影は必要ありません。

ですが、インターネット販売を行う場合は、写真撮影が必須となります。

 

理由は簡単で「写真をサイトにのせないと、作品を見ることができないから」です。

 

例えば、文章だけで作品を説明したとしましょう。

 

あなたは「桜型のつまみ細工」を、販売サイトにアップしようと考えています。

そのための説明文を考えて書きました。

 

【商品説明文】

  • ピンクの桜をかたどったつまみ細工のアクセサリーです
  • 花弁は「白色が2枚」「薄いピンク色が3枚」、葉っぱに緑色の布を使っています
  • 真ん中には「ピンクパールのビーズを6個」飾っています
  • 飾り部分だけです
  • サイズは〇㎝×〇㎝
  • ブローチなどに加工可能

という内容です。

 

これだけで、その商品を想像することは難しいですよね。

なかには「文章を読むのが面倒」という人もいるかもしれません。

 

そんな面倒を解消するには商品を写真撮影して、作品の写真を掲載するだけで、長々とした説明文を書く必要が無くなります。

 

写真を掲載すると、下記のようにシンプルな説明文になります。

 

【写真がある場合の、商品説明文】

  • 飾り部分だけです
  • サイズは〇㎝×〇㎝
  • ブローチなどに加工可能
  • 胸元に飾ったり、鞄の飾りにも使用が可能です。
  • 華やかさがプラスされますよ。

 

写真があるので、作品の形状を伝える必要がありません

形状を伝えることは「写真(画像)」に任せて、どのような用途に使えるかを、アピールするために説明文を使いましょう。

 

というように、ハンドメイド作品をインターネット販売する場合は、作品の写真撮影は必要なのです。

 

ハンドメイドの撮影方法!作品を綺麗に写すコツ!

ハンドメイドの撮影方法で、作品を綺麗に写すコツをご紹介します。

 

ハンドメイド作品を、写真撮影しないといけないことは、ハンドメイド作家さんに取ってはちょっと手間かもしれません。

 

ですが、ほんのちょっとのコツを抑えておけば、撮影も難しいことではないのですよ。

これから、ハンドメイド作品の撮影のコツをご紹介していきます。

 

ハンドメイドの撮影方法!作品を綺麗に写すコツ「自然光を利用する」

ハンドメイド作品を写真撮影する時に

機材を揃えなきゃ!

と、慌てて機材を用意する人もいらっしゃいます。

 

ハンドメイド作品の写真撮影のコツをつかんで「これよりももっと綺麗な写真を撮りたい」と、思う場合ならステップアップとして、ライト(照明機材)を購入してもいいと思います。

 

ですが、これから作品を販売しょうと思っている「初心者」の場合は、それだけのお金が必要になってきますが、機材をそろえるのは大変じゃないですか?

 

最初の内は、そんなお金を用意することも大変ですよね。

 

ですから、ここは自然の力を利用して撮影をしてみましょう。

 

自然の光を利用した、撮影方法をご紹介します。

※必要な機材は、次の項目でご紹介しますね。

【撮影方法】

  • 天気の良い日の、お昼の時間に撮影をする
  • 部屋の電気(室内灯)を消す
  • 白い紙を、日の当たる床や机の上に置く(窓際がベスト)
  • 白い紙の上に作品を乗せる
  • 太陽の光と、正面に向かい合うように立ち、作品の真上から撮影をする
  • ピントを作品に合わせる
  • 作品の影が気になる場合は、太陽の光と正面に向かい合う位置に「レフ板」を立てる

 

【撮影時の注意】

  • 室内灯を付けたまま撮影すると、自分の影が商品にかぶさるようになってしまうため、室内灯は必ず消しておきましょう
  • カーテンは開けておく(レースカーテンの柄の影が映るかもしれないので)
  • 作品が「透明・白色」の場合は、床に敷く「白い紙」を、黒や灰色の紙に変更してください
  • 必ず、ピントを作品に合わせて撮影する

 

アプリで色味の加工もできますが、まずは自然の力を借りて撮影してみましょう。

 

ちなみにこの下の写真は、上記の撮影方法でカーテンをした状態で写した画像です。

そして、次の画像がカーテンを開けて撮影した写真です。

 

同じ時間に、同じ角度で撮影しました。

 

加工も、サイズ調整のトリミングをしているだけです。

レフ板代わりの白い画用紙が無かったので、下の方に影が入り込んでいますが(^^;

 

カーテンのあるなしだけでも、これだけ色の印象が違います。

 

自然光を利用して、綺麗な写真を撮れるように、コツをつかんで頑張っていきましょう。

次に、撮影に使った機材(材料)を、紹介していきますね。

 

ハンドメイドの撮影方法!作品を綺麗に写すコツ「必要な撮影機材」

ライト(照明機材)を用意しなくても、自然の光を利用して撮影することは可能です。

良く晴れたお昼の時間を狙って、窓際で撮影を行えば、照明機材もいらないですよ。

 

これから、撮影する時に用意するものをご紹介しますね。

 

【撮影するための材料】

  • カメラ
  • 白い紙(床に敷く用)
  • 白い画用紙(レフ板として使う)
  • 作品

とりあえず、これだけあれば大丈夫です。

 

撮影のコツをつかんで、他にも小物を使いたい場合は、その時に用意しましょう。

他の小物と一緒に作品を写すときは

  • ピントを必ず作品に合わせること

に、注意してくださいね。

 

 

ハンドメイドの撮影方法!スマートフォンでもできる?

ハンドメイドの撮影方法で、スマートフォンでもできるのかをご紹介します。

 

写真撮影と言うと、一眼レフやミラーレス一眼を想像してしまう人も多いかもしれません。

プロのカメラマンなら必要ですが、そうでない場合は、一眼レフやミラーレス一眼は必要ありません

 

スマートフォンは、カメラも高性能なので、ハンドメイド作品の写真撮影は、スマートフォンカメラでも十分に綺麗に写すことができますよ。

 

ちなみに、上記で「カーテンのありなし」の画像を紹介していますが、その写真は「iPhone8」で撮影した画像です。

数年前に発売された古い機種ですが、問題なく撮れていると思いませんか?

撮影の方法は、上記で紹介した撮影方法と全く同じです。

 

一つだけ注意することは、ブレないように

  • 脇をしっかり締めて撮影すること

ですね。

 

スマートフォンでの撮影は、スマートフォンを作品に寄せて撮影してしまうかもしれませんが、スマホのズーム機能を使って近寄るようにしてください。

スマホは、手軽にピント合わせができるので、ピントを必ず合わせて撮影するようにしてくださいね。

 

ただ、撮影する時に「ついブレてしまう」という人は、三脚を用意した方がいいかもしれません(^^;

 

ハンドメイドの撮影方法|まとめ

今回は、ハンドメイドの撮影方法とは、作品を綺麗に写すコツや、スマートフォンでもできるのかをご紹介しました。

 

ハンドメイトマーケットに作品を出品する時に、必ず写真は必要です。

ですが、どのように写真を取ればいいのか、悩むこともあると思います。

 

まずは身近にあるものを利用して、撮影してみて下さい。

今回紹介した撮影方法で写した写真と、何も考えずに写した写真は全く違うことがわかると思います。

その違いを、最初にぜひ試してみて下さいね。

 

コツを掴んで撮影すれば、初めての撮影もなんとかなりますよ(^^)

スマートフォンのカメラでも、キレイに撮影ができるので、しばらくはスマホカメラで頑張ってみて下さいね。

 

 

ハンドメイド作品の販売が軌道にのり、余裕が出来たら、次のステップを考えてみてもいいと思いますよ。

 

そしてキレイな画像で、作品の良さをアピールしていきましょう。

 

あわせて読みたい:

ハンドメイド販売は初心者でも売れる?おすすめの販売方法と安定して稼ぐ方法

ハンドメイド販売は初心者でも売れる?おすすめの販売方法と安定して稼ぐ方法
ハンドメイドを始めてそれなりの作品もでき始めたら、周囲の人たちに「販売してみれば?」と進められることがあります。仕事にしたいと思いつつ「初心者が作ったものが売れるのか」という疑問もありますよね。今回は、ハンドメイド販売は初心者でも売れるのか、おすすめの販売方法と安定して稼ぐ方法をご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました