美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

節分【恵方巻き】を食べるのはなぜ?歴史や由来と方角など正しい食べ方を紹介!豆まきについても

節分 節分

2月3日は「節分」ですよね。子どものころに

「鬼は外、福は内」

と言いながら豆をまき、厄除けを行った方も多いかと思います。

 

最近では「恵方巻き」を食べるということも定着してきましたね。

 

しかし、実は恵方巻きの歴史は浅いってご存知でしたか?

 

そこで今回は、最近定着しつつある恵方巻きについて解説して行きたいと思います!

これから恵方巻きの予約をしようという方はぜひ参考にしてみてください♪

 

そもそも【節分】とは?由来や豆まきをする理由

まずは節分について簡単に紹介していきます。

 

実は節分は年4回!?

「節分」には「季節を分ける」という意味があり、実は年に4回あります。

季節の始まりは決まっており、それぞれ

  • 「立春」「立夏」「立秋」「立冬」

と呼ばれています。

 

その始まりの日の前日を「節分」というのです。つまり、春夏秋冬年4回節分があるという意味が分かりますね。

 

なぜ2月3日に豆まきをするのか

節分の豆まき

豆まきの風習は、中国から伝わってきました。

季節の変わり目には邪気(鬼)が現れると言われており、その邪気(鬼)を払う儀式として始まったそうです。

その後、「立春」は新年の始まりと同じくらい大切だと言われるよう変化しました。

 

1年に4回ある節分ですが、特に「立春」の時期に豆をまき邪気(鬼)を払うことがほかの季節より重要だということになったようです。

 

節分の柊鰯とはなに?

節分のことを調べると「柊鰯(ひいらぎいわし)」というものが出てきます。

これは邪気(鬼)を払うために、魔よけとして使われてきました。

 

昔から臭いものや尖ったものは魔よけの効果があるとされ、重宝されていたようです。

鰯のにおいと柊のとげによって邪気(鬼)を払うことが出来ると考えられていました。

全国各地にこの慣わしはありますが、にんにくやラッキョウを使用する場合もあるようです。

 

節分に恵方巻きを食べるのはなぜ?歴史と由来

節分の恵方巻

節分のことが少しわかったと思いますが、次は恵方巻きについて紹介していきたいと思います♪

 

恵方巻きを食べるのはなぜ?

いろいろ調べましたが、恵方巻きの起源ははっきりしないことが分かりました。

もともと大阪を中心とした関西が発祥の風習ですが、詳しい起源は不明だそうです。

1989年にセブンイレブンが大阪では節分に恵方巻きを食べる風習がある」と聞き、「恵方巻き」が販売されました。1998年以降、全国に恵方巻きが広がり、現在のように節分には恵方巻きを食べるという習慣が定着したようです。

 

恵方巻きの正しい具材

実は恵方巻きに正しい具材というものはありません

本来は縁起の良さから7種類の具材を入れていたようですが、企業の戦略で始まった習慣なのであまり堅苦しい決まりはないようです。

 

決まりはないようですが、縁起のいい食材がよく使われています。

定番の食材としては

  • えび
  • しいたけ
  • だし巻き卵
  • きゅうり
  • かんぴょう
  • うなぎ

が人気のようです。

 

また、海鮮やサラダ巻きも人気のようで

  • マグロ
  • サーモン
  • イクラ
  • ツナマヨ
  • カニ
  • レタス

が使われた恵方巻きも売り場で多く見かけます。

 

このほかにも、甘辛く味付けされたお肉が入ったものや、トンカツが入ったボリュームのある恵方巻きまで、様々な種類が出ています。

また、ロールケーキやワッフルのようなデザートまで恵方巻きとして売り場に並んでいるので、一概に太巻き状の寿司を食べるという習慣にとどまらなくなっているようです。

 

恵方巻きの食べ方

恵方巻きは、「その年の恵方を向いて無言で一本丸ごと食べきる」という決まりがあります。

途中で食べるのをやめると「運を逃す」ことになるので、出来るだけ一本そのまま食べましょう。

ちなみに、2020年の恵方は「西南西やや西(右)」なので、ぜひそちらを見ながら食べましょう!

 

節分【恵方巻き歴史や由来|まとめ

いかがでしたか?

 

昔からの習慣でも、知らないことってたくさんありますよね。

 

特に節分は「1年に4回ある」ということや「恵方巻きは企業の戦略から広まった」など、知らないことがたくさんあったと思います。

 

今回の記事を読んだ方は、節分に関して詳しくなれたと思うので、ぜひ知らない方に教えてあげましょう♪

 

あわせて読みたい:

【節分】なんのためにある?やる意味など歴史や由来を紹介します!豆まき・鬼だけじゃない

【節分】なんのためにある?やる意味など歴史や由来を紹介します!豆まき・鬼だけじゃない
節分とはなんのためにあるのでしょうか?「節分」といえば、豆まきと鬼というイメージですが、その由来や歴史などについて、あまり知らなくても「節分」の行事はできます。そこで「節分」をやる意味など詳しく知って、楽しい「節分」の一日を過ごしてみてはいかがでしょう。

 

節分【鬼退治】の意味を知るともっと楽しめる!節分の由来も合わせてご紹介

節分【鬼退治】の意味を知るともっと楽しめる!節分の由来も合わせてご紹介
お正月が終わると、次にくるのは節分の豆まきです。節分の豆まきをするご家庭、今までしたことないというご家庭もあると思います。豆まきをするとき、「鬼は外〜、福は内〜」と掛け声をかけるのは一般的です。この「鬼は外」という言葉の意味ご存知ですか?この鬼退治の意味と節分についてご紹介します。

 

節分【飾り】玄関はどうする?節分の飾りつけの意味と期間についてご紹介!柊鰯の作り方も

節分【飾り】玄関はどうする?節分の飾りつけの意味と期間についてご紹介!柊鰯の作り方も
皆さんは「節分の日」に、ご自宅に飾り付けなどを行っていますか?飾ると決めたものの、いつ頃出していつ頃片付ければ良いのか?などの期間も曖昧です。それに加えて節分飾りは「玄関」も関係していると聞いて、パニックになりますよね。今回は節分に行う節分飾りの内容や意味、飾り付けの期間などを詳しくご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました