不動産買取の流れを把握しよう!仲介業者への売却との差を知って損を回避しませんか

不動産

所持している不動産を買い取ってほしいと考えても、買取専門の業者は希少で、買取の流れをある程度知っていないと損をしてしまうこともあります。

 

よりお得に買い取ってもらうために「買取」を理解することで、生じるであろう危険からも逃れることができます。

これから買取業者にお願いをしようとしている方に、簡単に

  • 買取とはなにか?

また買取の簡単な流れをご説明します。

買取と売却の違いを知ろう!

まず、この2つの違いについてご説明していきます。

【不動産】の買取とは?

まず「買取」の買主は買い取りの専門業者であり、住居用・事業用を問わずに買い取りをしてくれます。

また、その買い取ってくれる流れも非常にスムーズで、最も早いと3日ほどで売ることができますが、その金額は相場よりも少し低めとなります。

 

【不動産】売却は?

それに対して「売却」の買主は、仲介を通して一般の顧客であり、住居用をメインとしています。

買ってくれる人が決まるまで時間がかかり、スムーズに話が進んでも6か月ほどかかってしまいますが、相場の価格で売却することが可能です。

 

買取は住むのに条件が好ましくない物件であっても買い取ってくれる可能性が高いので、売ってすぐに現金が欲しいなどには頼もしい存在と言えますね。

 

買取の流れを把握して、正しい知識を得よう

どの買取の業者を選ぶかで、金額が左右されると言っていいほど、業者選びは大切です。

最も慎重に行うべきことですので、どのように買取業者を選んだらいいのかお伝えします。

 

不動産の査定をしてくれる業者を選ぼう

まず、全部の業者には当てはまらないのですが、広告をよく見る会社の場合、広告費にたくさんお金をかけているので、資金繰りが厳しくなると、買取の金額を安くしてでも利益を上げ広告費に充てる可能性がありますのでご注意ください。

 

信頼できる買取業者とは、

  1. こちらの問いに対して適切な答えで返してくれる
  2. デメリットもしっかり伝えてくれる
  3. 過去に買取の経験をたくさん積んでいる

といった会社が頼もしいといえます。

 

買い取ってほしい物件の査定をお願いしよう

お願いする業者がある程度決定したら、次は物件の査定です。

ですが、この時までに自信でインターネットや複数の業者に査定を依頼して物件の相場観を知っておくことが大切です。

似ている物件が売却され、その時点でどれくらいの価格で売り出されているかを知ることで、買取価格の相場を知ることができます。

 

一般的にその相場とは、売却された物件に対して7~8割ほどの価格で取引されます。

 

その価格よりも的外れな金額を出されたのなら、その買取業者は優良会社とは言えません。

 

買い取りの金額確認し、同意する

査定して出された金額に納得できたのなら、実際の買取の金額を算出します。

 

ここで知っておかないといけないのが、査定して算出した金額と実際に買い取ってくれる金額は若干変動するということです。

 

また注意したい買取業者の特徴は査定を出したあと買い取るまで時間が長くかかる会社です。

なぜかというと、その会社が転売する力をもっていないからです。

このような事態になったときも情に流されず、他の買取業者を選んでください。この時点での契約の破談はよくあることですのでためらってはいけません。

 

引き渡す際の条件をしっかりと確認しよう

買い取られる物件の引き渡す時の条件を再認識します。

この段階で、あなたに不利な条件を提示してくる会社もたくさんあります。

おかしいな…

と思ったら、ためらわずに契約を破談にしてください。

よく耳にする話ですが、早く現金の欲しい買取希望の客に対し、家具家電の処分の費用を請求してきたり、エアコンなどの放置された空調設備に関してのお金の請求などしてくるようです。

 

しっかりと確認をしておかないと、後々トラブルになりますので、お気を付けください。

 

契約を締結する

この段階まで何も問題がないのなら、次は契約の締結です。

ここが手続きの最終段階となりますので、再度しっかりと契約内容の確認をしてください。

 

ポイントとしては、相場感はあっているか、引き渡し時の条件に納得できるか、手元に現金が届くまでの時間などです。

最終段階ですので、契約書に署名すると破棄することが基本的にはできなくなりますので、慎重に行ってください。

 

期日までの入金を待つ

不動産を買い取ってもらった金額を期日までに入金してもらえれば完了です。

今まで自分のものだったものが、もう他人のものになってしまうという寂しい気持ちになるかもしれませんが

立地的に好条件ではない物件だった

すぐに現金が欲しかった

などの場合で、仲介業ではなく買取業者を選んだのなら正解ではないでしょうか。

 

不動産買取の流れ|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、不動産を買取業者に買い取ってもらうときの流れをご説明いたしました。

 

特別なことはしていないので、初心者の方でも比較的スムーズに契約まで至れるのではないでしょうか。

しかし、簡単だからと言って全く知らずに物事を進めてしまうと、取り返しのつかないことにもなってしまいますので、よく確認しながら不動産の買取をしてもらってください。

 

あわせて読みたい:

不動産が売れない?売れ残る土地には驚くべき理由が存在した! その理由と対策をご紹介

不動産が売れない?売れ残る土地には驚くべき理由が存在した! その理由と対策をご紹介
売り出している土地に『なかなか買い手が見つからない』と悩んでいる方はいらっしゃいますか?土地は、保有しているだけでも税金や維持費はかかってしまうので、すぐに売却したいですよね。今回は、なかなか買い手がつかない土地を保有している方に向けて、なぜその土地が売れないのか、さらにその対策をご紹介いたします。

 

不動産売却の流れと気をつけることを解説!仲介と買取の違いや不動産会社の選び方、コツをご紹介します

不動産売却の流れと気をつけることを解説!仲介と買取の違いや不動産会社の選び方、コツをご紹介します
不動産を相続したものの、今後その不動産を利用することがなく売却したい!という方は年々増加しています。不動産を相続しても「不要不動産」になってしまう方が多いのです。そこで今回は、相続した不動産の売却までの流れと気をつけることをご紹介。不動産会社の選び方や売却した際に掛かる税金についてご紹介します。

 

不動産登記は誰がする?登記の必要性や種類について解説します!

不動産登記は誰がする?登記の必要性や種類について解説します!
「不動産登記」というワードは、住宅などを購入したことがある方は聞いたことがあるかと思いますが、その意味は知っていますか?不動産登記とは、購入した住宅が自身の財産だと証明するのに必要な手続きのことです。今回は、不動産登記は誰がすべきなのか?やタイミング、何が必要なのかなど分かりやすく説明いたします。
タイトルとURLをコピーしました