重陽の節句とは?歴史や由来をご紹介!秋の大人のひな祭りを楽しもう

重陽(ちょうよう)の節句が、

大人のひな祭り

と言われているのをご存知でしょうか?

 

お雛様を飾る日といえば3月3日、女の子の成長を願う桃の節句ですよね。

その時に飾ったお雛様はどうしていますか?

春に飾ったお雛様ですが・・・

 

実は、秋にもう一度飾れるんです

今回は、9月9日の重陽の節句をご紹介します。

由来、歴史など。

 

重陽(ちょうようの)の節句とは?

9月9日は重陽の節句とされ、

中国から伝わった、菊にまつわるお祝いの日

です。

 

重陽の節句は、五節句と呼ばれる季節の変わり目に、

邪気を払う行事のうちの1つです。

 

人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)

の5つをあわせて五節句といいます。

 

中国では奇数が陽の数とされ、3と3、5と5などの奇数が二つ重なる日は縁起の良い日とされています。

 

1、3、5、7、9のうち、一番大きい数字は9ですよね。

一番大きい陽の数の9が二つ重なることから、

  • 中国では9月9日は重陽節として親しまれ
  • 邪気払いをする日であり、縁起の良い日

とされてきました。

 

この重陽節は旧暦に則って決まっていますから、現在使われている新暦に直すと、2019年は10月7日にあたります。

 

重陽(ちょうようの)の節句の歴史

重陽節が日本に伝わったのは、平安時代とされています。

 

中国に倣い、当時の貴族たちによって宮中行事として

「重陽の節会」

という行事が行われていました。

 

  • 漢詩を詠み
  • 菊の花を鑑賞して菊花酒を飲んでいた

ことが記録に残っています。

 

また、枕草子の9月9日について書かれた部分には

 

 九月九日は、暁方より雨少し降りて、菊の露もこちたく、おほいたる綿などもいたく濡れ、うつしの香ももてはやされたる。つとめては止みにたれど、なほ曇りて、ややもせば降り落ちぬべく見えたるも、をかし。

とあります。

 

当時は、9月8日の夜のうちに

  • 菊の花に、綿をかぶせておき
  • 翌日に露を含んだ綿で体を拭く

健康で過ごせると信じられていました。

 

農民や庶民の間では、旧暦の9月は秋の収穫祭が行われる時期だったため、重陽の節句が伝わる前から栗の節句として秋の収穫を祝っていました。

 

江戸時代になり、五節句は幕府によって祝日と定められたことで、次第に菊花酒を飲み、邪気を払う節句として一般の民衆へと広まっていきました。

 

重陽の節句の由来

中国には、

9月9日に強い香りのする木の実を持って山に登り、菊の花びらを浮かべた菊花酒を飲むと、災いを避けられる

 

という話や、

 

菊の花の雫が含まれた川の水を飲む人々は、健康長寿だった

という菊水伝説などがあります。

 

古代中国において菊の花には薬効があり、長寿や健康によいとされていたため、重陽の節句では菊の花がその象徴となっているのです。

 

現在の中国でも旧暦の9月9日は、敬老の日として祭日に指定されています。

 

重陽の節句の『大人な過ごし方』

重陽の節句では中国の伝承にあったように、

菊の花びらを浮かべた菊酒を飲みます

 

冷酒にあらかじめ花びらを漬け込んでおくと、お酒に香りが移ってとてもいい香りがしますよ。

 

お酒を飲む行事のため、大人のための日といえます。

 

3月3日にちらし寿司を食べたり、5月5日にちまきや柏餅を食べたりするように、重陽の節句でも特別な食事として、

  • 菊やなす、栗ご飯

を食べます。

 

食用のために作られた、お吸い物おひたしにして、なすは焼きナスや煮びたしにして食べます。

 

栗ご飯を食べる理由は、以前から秋の収穫のお祝いとして食べていた習慣が、重陽の節句に受け継がれているためのようです。

 

さらに日本特有の風習として「後(のち)の雛」があります。

3月3日の桃の節句で飾ったお雛様を、虫干しをかねてもう一度重陽の節句で飾り、健康や長寿を願うというものです。

 

桃が象徴で、女の子のためのひな祭りと比べて、

菊が象徴の重陽の節句

は落ち着いた感じがしますよね。

 

そのため、重陽の節句は大人の雛祭りと呼ばれているのです。

 

また、九州地方では、9日のことを「ここのか」ではなく「くんち」と呼ぶ地域もあります。

 

福岡圏や長崎県、佐賀県などで行われている伝統的なお祭りも「くんち」といいます。

 

長崎くんちは、

毎年10月7日から9日

にかけて行われるお祭りで、旧暦の重陽の節句である9月9日に行われたことが由来となったという説もあります。

 

重陽の節句の歴史や由来|まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、あまり日本でも浸透していない、【重陽の節句】についてご紹介しました。

 

雛祭りというと、子供のため

という感じがしてしまいますが、大人の為の雛祭りがあったとは驚きですね。

 

また、秋にお雛様を乾燥させるあたりなど、かなり合理的だなあと感じました。

 

あまり知られていないですが、重陽の節句にはいろいろな意味があります。

 

栗ご飯やナスを食べてお祝いをしてみては?

 

あわせて読みたい:

秋の雑学(豆知識)まとめ!敬老の日、重陽の節句、中秋の名月、スポーツ、花、空、星座など秋に詳しくなろう!

秋の雑学(豆知識)まとめ!敬老の日、重陽の節句、中秋の名月、スポーツ、花、空、星座など秋に詳しくなろう!
【秋】といえば、たくさんのワードが出てきますよね。食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋などなど。涼しく過ごしやすい季節ですし、暑い夏を乗り越えた秋は、食べ物も美味しい季節です。今回はこのサイトの中で今まで書いた、秋に関する雑学や豆知識をはじめ、敬老の日など特別な日や秋に詳しくなれる記事をまとめてみました。

 

【中秋の名月】の意味と過ごし方は?することや楽しみ方も解説

【中秋の名月】の意味と過ごし方は?することや楽しみ方も解説
中秋の名月。あなたはどんな日かと聞かれて、明確に説明することができますか?お団子を食べる日とか、月を見る日としか答えられない方も多いかもしれませんね。この記事では、中秋の名月の意味や歴史、当日することなどをご説明します。中秋の名月って何?と聞かれても、自信を持って答えられるようになりましょう。

 

【運動会観戦】暑さ対策となる持ち物は?赤ちゃん連れや雨天時の便利用品

【運動会観戦】暑さ対策となる持ち物は?赤ちゃん連れや雨天時の便利用品
秋に行われる一大イベントいえば子供の【運動会】がありますよね!直射日光が降り注ぎ観客する方も紫外線や暑さなどが、気になってしまいますよね。赤ちゃん連れの家族も多く運動会を観戦していると思います。今回は、運動会観戦の持ち物で暑さ対策や赤ちゃん連れ・雨天時の便利用品などをご紹介していきます。

 

秋の休日・夜長におすすめの過ごし方【6選】読書やキャンプ他

秋の休日・夜長におすすめの過ごし方【6選】読書やキャンプ他
気候が落ち着いていて、紅葉やおいしい食べ物など、秋は魅力的な季節ですよね。涼しくて快適な「秋」らしい時期は、暑い夏を終えてから冬へ至るまでの短い期間しかありません。短い期間を有効に使って、楽しく秋を過ごしませんか?秋を満喫できる、休日や夜長のおすすめの過ごし方をご紹介します。

 

【秋の星座】四角形のベガスス座の見つけ方は?南の星空『一等星』が目印

【秋の星座】四角形のベガスス座の見つけ方は?南の星空『一等星』が目印
忙しい毎日を過ごしていると、夜空を見上げることが少なくなっていませんか?都市部では明かりが多く、星空を見上げても、星が見えないこともありますよね。夜空を眺める機会がない方も、気候の良い秋ですから、この機会に夜空を眺めてみませんか?この記事では秋におすすめな星空の見方や星座についてご紹介します。

 

【洋菓子】モンブランの豆知識!由来や発祥は?いろいろな栗のスイーツも

【洋菓子】モンブランの豆知識!由来や発祥は?いろいろな栗のスイーツも
秋といえば【食欲の秋】でもあります。秋は寒さや落ち葉などで少し虚しさを感じる季節ではありますが、たくさんの食材が収穫を迎える大切な時期でもあります。今回は秋の定番、栗に関連して人気スイーツ『モンブランの豆知識』についてご紹介します。

 

【敬老の日】貰って嬉しいプレゼント5選!タブーな贈り物とマナーもご紹介

【敬老の日】貰って嬉しいプレゼント5選!タブーな贈り物とマナーもご紹介
おじいちゃん、おばあちゃんに日頃の感謝を伝える【敬老の日】。毎年あるわけですが、プレゼント選びに困っていませんか?今回は【もらって嬉しいプレゼント】5選をご紹介していきます。またあわせてタブーな贈り物やマナーについても解説していきます。

 

【もみじおろし】とは?由来やよく合う料理についてをご紹介します

【もみじおろし】とは?由来やよく合う料理についてをご紹介します
みなさんは秋といったらどのような食べ物を思い浮かべますか?栗やさつまいもなどといった秋の味覚でしょうか? 今回はそのような秋の味覚ではなく、秋の代名詞でもある紅葉に関連してもみじおろしの豆知識についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました