美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

海水浴であると便利な【持ち物】をまとめ!子連れや小学生がいる家族も必見

アウトドア

海水浴に持って行くと便利な持ち物は?

ということで、今回は夏の海水浴であると便利な持ち物をまとめてみました。

子連れや小学生ファミリーにも必見な内容となっています。

また夏の海に潜む【危険生物】にも注意

溺れそうになた体験談を含めてご紹介していきます。

 

夏の海水浴に持って行くと【便利な持ち物】

夏の海水浴に持って行くと【便利な持ち物】をご紹介していきます。

 

・着替え

海水や潮風の影響で海水浴が終わった後は髪の毛バリバリ、体はベタベタになっています。

帰りにシャワーを浴びてサッパリと帰る為に着替えは必要です。

 

・タオル

バスタオルとハンドタオル両方持って行った方がいいでしょう。

バスタオルは帰りのシャワーの為に、ハンドタオルは汗拭きなどの持ち歩き用に必要です。

 

・日焼け止め

日焼け止めを塗らないとお風呂で悶絶する事になります。

ウォータープルーフの日焼け止めでも、汗をかいたり海に入るとどうしても落ちてしまうので、こまめに塗り重ねる事をオススメします。

 

 

・シャンプー、ボディーソープ

海水浴場のシャワーにはシャンプーやボディーソープがない事が多いので、自分で持って行った方がいいでしょう。

 

・ビニール袋

海水浴場で食べ物、飲み物を買った時のゴミや濡れた水着、着替えた服を持って帰る時に便利です。

自宅から持ってこなくても、途中のコンビニで買い物した時のレジ袋などでもいいでしょう。

 

・レジャーシート

海水浴場の砂浜はとても熱く、貝殻などでゴツゴツしているので、そのまま座るのはオススメできません。

100均でもレジャーシートは売られているので、持って行くと便利です。

 

 

・サンダル

上でも書いた通り、砂浜は意外とゴツゴツしており、素足で歩くとちょっと痛いです。

海に入るときも地面に何があるか分からないので、サンダルは履いておいた方がいいでしょう。

 

・小銭、コインケース

シャワーなどは小銭しか使えない事が多く、お札を持ち歩くと濡れてしまう可能性があります。

なのでコインケースに2〜3千円分くらい入れて持ち歩く事をオススメします。

 

・パラソルやテント

あまり海に入らない人はパラソルやテントを持って行った方がいいでしょう。

海水浴場は日光を遮る物がなく、直射日光は眩しく、暑いので、熱中症予防の為にもパラソルを立てて体感温度を下げて快適に過ごせるようにしましょう。

 

 

・クーラーボックス、保冷剤

飲み物、食べ物などそのまま置いておくとすぐにぬるくなったり、傷んでしまいます。

お金を節約する為にもクーラーボックスに保冷剤を何個か入れておき、飲食物も持参すればコストダウンできます。

 

 

・モバイルバッテリー

スマホやデジカメなどの電子機器は暑いところに置いておくとバッテリーの消耗が早くなります。

海水浴場で写真を撮ったり、スマホのナビを使用する事がある場合はモバイルバッテリーもオススメです。

 

 

・花火

禁止されている海水浴場もありますが、夜の海でする花火はとても綺麗で素敵です。

もちろん、終わった後のゴミは持ち帰るようにしましょう。

 

・サングラス

日差しが眩しい場合はサングラスもオススメです。

ただ、サングラスをかけっぱなしにしているとサングラス焼けをしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

・浮き輪

小さい子供がいる場合は浮き輪もオススメです。

ただ、目を離さないように注意してください。

 

 

 

▲目次にもどる

 

海水浴で気をつけておきたいこと

海水浴の危険は、海に毒魚がいる可能性があるということです。

 

海に潜む危険生物

海開き中の海水浴場にいる可能性は低いですが、ミノカサゴなどの毒針を持っている魚やクラゲなどがいる事があります。

毒針を持っている魚を踏む危険があるので、サンダルを履いて海に入る事をオススメします。

 

海水浴で溺れそうになった体験談

私が小学3年生の頃海水浴へ行った時の体験談をお話いたします。

 

暑い日差しと冷たい海の中、私は浮き輪に座ってプカプカ浮きながら寝てしまいました。

気が付いたらビーチの人が米粒にに見えるほど、沖に流されてしまっていました。

 

私はパニックになって浮き輪から落ちてしまい、足が地面につかない事で更にパニックになってしまいました。

 

ですが海水浴に行く数日前、潮の流れの説明をテレビで放送していたのを思い出しました。

そのテレビ番組によると沖へ流れた水はUターンして岸へ戻るらしいので、乗ってきた浮き輪を潮の流れにそって岸に向かって投げました。

 

しばらくしたら私を探していた父親が岸に流れ着いた浮き輪を見つけ、私を助けに来てくれ、無事に帰る事ができました。

 

 

▲目次にもどる

 

海水浴であると便利な【持ち物】|まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、夏の海水浴であると便利な持ち物と海に潜む危険についてご紹介しました。

 

海水浴は楽しいですが、危険な事もあります。

事故に気をつけて、準備をしっかりして海水浴を楽しんでみてください。

 

 

▲目次にもどる

 

あわせて読みたい:

富士山『夏の登山』あると便利な持ち物を紹介!【初心者必見】準備と注意事項

富士山『夏の登山』あると便利な持ち物を紹介!【初心者必見】準備と注意事項
今回は夏の富士山登頂・ハイキングにあると便利なグッズや持ち物をご紹介していきます!初心者必見の道具(服装や雨具)にはじめ、登山前の準備について、注意事項などもあわせてご紹介します。

 

BBQにあると便利な持ち物と道具をご紹介!夏におすすめな場所も

BBQにあると便利な持ち物と道具をご紹介!夏におすすめな場所も
夏の醍醐味といえばBBQ(バーベキュー )!今回はそんな夏の醍醐味であるバーベキューを川辺や河原でする時の持ち物と注意点ご紹介していきます。さらにおすすめな場所と体験談もあわせてご紹介。

 

【夏のキャンプ】必需品や持ち物をまとめ!服装・寝具・虫対策アイテムなど

【夏のキャンプ】必需品や持ち物をまとめ!服装・寝具・虫対策アイテムなど
【夏のキャンプ】の準備は万全でしょうか?今回は、持っていくべき必需品や各種アイテムをまとめてみました。服装にはじまり、寝床や寝具、また夏ならではの虫対策が必要です。初心者にもおすすめな簡単なテントの設営方法もご紹介していきます。

 

熱中症対策におすすめの食べ物と手作りの飲み物をご紹介!水分補給できれば果物でもいいの?

熱中症対策におすすめの食べ物と手作りの飲み物をご紹介!水分補給できれば果物でもいいの?
ここ数年、本当に夏が熱くなってきました。ここ数年は、真夏日が連日続いています。そこで毎日の生活の中でも「熱中症対策」が必要になってきます。今回は、熱中症対策におすすめの食べ物や手作りの飲み物はどのようなものがいいのかや、水分補給できれば果物でもいいのかをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました