美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

愛犬にもレインコートは必要?嫌がるのけどなぜ?役割や必要性とおすすめのレインコートもご紹介します

犬のレインコート 雨の日

暖かくなってくると次第に雨が降る確率が上がっていきます。

台風に加え、梅雨の時期には雨が続くので愛犬の散歩も滅入ってしまいますよね。

皆さんは愛犬にレインコートは着せますか?

気になってはいるけど、という人もいるかもしれませんね。

今回は犬用レインコートの必要性などについてピックアップしていきます。

 

犬用レインコートの役割とは

雨の日に犬の散歩をしているのを見てみると、レインコートを着ている犬、着ていない犬どちらもいることがわかります。

雨が降っているのにも関わらず、犬は濡れてしまっても大丈夫なのでしょうか。

また犬用レインコートの役割は一体何なのでしょうか。

 

◇犬用レインコートの役割

レインコートといえば雨や風を凌ぐ雨具です。

しかし犬用というと意味合いが少し変わってきます。犬用レインコートは雨や風を凌ぐだけではなく、泥や汚れから身を守るという役割もあります。

 

犬は人間と違って体が地面に近いところにあります。

そのためどうしても体が汚れやすいです。

お散歩に行って体が汚れていても、お風呂など体を洗うのを嫌がるわんちゃんもいます。そういったストレスを防ぐために犬用レインコートを着せるという人が多いようです。

 

愛犬がというより飼い主のストレスが軽減するという意味合いのほうが強い感じがします。

しかしそもそもレインコートを着たがらないわんちゃんもいるようです。

嫌がる理由は次の項で説明します。

 

 

レインコートを嫌がる犬がいるのはなぜ?

冒頭でお話をしましたが、同じ犬の散歩でもレインコートを着ている犬、着ていない犬どちらもいます。

そもそもレインコートを買っても、着るのを嫌がるわんちゃんがいるのも事実です。

嫌がる理由は何なのでしょうか。

 

◇犬がレインコートを嫌がる理由

犬がレインコートを嫌がる有力な理由として、レインコートを着せられた犬はプレッシャーを感じているのではないかとの事です。

 

こう述べているのはホロウィッチ博士です。

このホロウィッチ博士は犬や狼を考察して、レインコートを着た犬は権威的な上位の犬が下位の犬に対して見せる支配行動「マズル・バイティング」を再現しているかのように思えるので、プレッシャーに感じているのではという結論を出したようです。

 

犬がレインコートを着て固まってしまうのは支配されたという気持ちと自分よりも優位にいる者の側にいる居心地の悪さなのだそう。

濡れないで済むと考えているのは人間のエゴであり、犬ではありません。

 

犬が嫌がるのはこのような本能的な部分があるからです。

レインコートを着て喜んでいるように見えても、レインコートを着せられて抑制されたためだそうです。

お散歩に行くなら愛犬も飼い主もお互い気持ち良く散歩をしたいものです。

 

犬用レインコートのおすすめは?

それでも雨の日はレインコートを着させてお散歩させたいという人もいるでしょう。

ではそういった場合は一体どのようなレインコートを選べば良いのでしょうか。

 

◇犬用レインコートの種類

マントタイプ

犬用レインコートの一般的なイメージはこのマントタイプのものが多いようです。頭や手足を通す事がなく簡単に脱着ができるため、洋服嫌いなわんちゃんに向いています

また小さくたたむ事ができるので、コンパクトに持ち運べます。

 

オーバーオールタイプ

洋服のようになっているタイプで、両手両足もカバーできるので泥や汚れから身を守ります。両手両足を通すタイプなので、洋服嫌いなわんちゃんには向きません

嫌がるようならマントタイプにするか着せないほうが良いでしょう。

 

◇犬用レインコートの選び方とポイント

選ぶ上で重要になってくるのは、レインコートのサイズです。

基本的に犬は濡れる事を嫌がるので、慎重にサイズを選ぶのがポイントとなります。

大きすぎても小さすぎてもだめなので、直接お店に行って買うことをおすすめします。

 

また購入をするにあたって押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

脱着しやすいか

洋服を嫌がるわんちゃんもいるので、なるべく脱着のしやすいものを選びましょう。犬用レインコートにはファスナー、ボタン、マジックテープの3種類があります。

 

脱着がしやすいのは断然マジックテープなのですが、毛が長いわんちゃんだと引っかかってしまう場合もあります。またわんちゃんが動き回ったりする事でテープが外れてしまう事もあるので、わんちゃんに合わせて選ぶようにしましょう。

 

洗いやすく乾きやすいか

朝使ったレインコートを夕方のお散歩でも使いたいという人も多いはず。

 

それを解消するためには、洗いやすく乾きやすい素材が使われているのを選びましょう。雨の日は特に泥汚れが付きやすいのでこまめに洗濯をしたいものです。

濡れたままにしておくと撥水性の効果が落ちてしまうので、乾かしやすいものである事が重要です。

 

反射材が付いているか

雨の日は視界が悪くなっている事が多々あります。

人間もそうですが視界が悪いといつもより事故を起こしやすくなります。そのような事態を防ぐためにも反射材があるものだと尚良いでしょう。飼い主だけではなく、愛犬の安全もしっかり確保しましょう。

 

サイズ

先のもお話しましたが、サイズ選びはとても重要です。お店に買いに行く前にわんちゃんの首回り、胴と足の長さを調べておくとスムーズにお買い物ができます。大きめ小さめという事がなくジャストサイズで選びましょう。

 

わんちゃんも人間同様のレインコート選びが必要になってきます。飼い主である以上は愛犬のお世話や安全確保もきちんと行うようにしましょう。

 

愛犬にもレインコート|まとめ

いかがでしたか。

わんちゃんのレインコートを選ぶのも意外と大変と思った人もいるのではないでしょうか。犬は人間より本能的な部分があるためデリケートです。安いから高いからという括りにせず、きちんと合ったものを選びましょう。

 

雨の日も楽しくお散歩ができるように、わんちゃんにぴったりなレインコートを選びましょう。安全に楽しくお散歩を楽しんでください。

 

あわせて読みたい:

ペット【犬や猫】も熱中症になる!症状や対策を詳しくご紹介します

ペット【犬や猫】も熱中症になる!症状や対策を詳しくご紹介します
すこしずつ暖かくなると、熱中症の心配が出てきますよね。実は人間だけでなく、犬や猫といったペットも熱中症になる危険があるんです!しかし、犬や猫が熱中症になった場合はどんな症状が出るかわかりませんよね?そこで今回は、大事なペットが熱中症になってしまったときの症状と、ペットに有効な熱中症対策を紹介!

 

猫の【感情表現】ふみふみやモミモミしているのはどんな時?頭突きは怒っている?甘えや怒りなど解説

猫の【感情表現】ふみふみやモミモミしているのはどんな時?頭突きは怒っている?甘えや怒りなど解説
猫は「気まぐれ」といいますね。撫でてと言わんばかりに寄ってきたのに、撫でたら「カミカミケリケリ」なんてよくあります。我が家の猫も気まぐれで、本当になつかれているのか・好かれているのか、わからなくなる時があります。今回は、猫の甘えの表現!?ふみふみやモミモミしている・頭突きは怒っているのかをご紹介。

 

100均レインコートの性能は?リメイク方法もご紹介します!ダイソー・セリアのものでもかわいい感じになる?

100均レインコートの性能は?リメイク方法もご紹介します!ダイソー・セリアのものでもかわいい感じになる?
雨具といえばレインコートを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。最近ではアパレルブランドや100円均一でもレインコートが購入できるようになりました。しかし100均のレインコートだと性能的に不安な面も考えられますよね。今回は気になる100均レインコートについてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました