美容・美肌・ダイエット・アンチエイジングなど30代・40代女性の雑学マガジン

【夏休み】フィリピンへの英語留学は『パギオ』がおすすめな3つの理由

夏休みに思い切って海外に行き、英語を鍛えてみませんか?

フィリピンは日本から直行便で4~5時間と近い距離にあり、多くのフィリピン人は英語を話すことができます。

 

語学学校も多いので英語を鍛えるのに最適な場所なのです。

今回は、バギオという街で英語を学ぶのがおすすめな3つの理由をご紹介していきます。

 

フィリピンの『パギオ』とはどんな場所?

フィリピンといえばセブ島が有名ですよね。

セブ島には多くの語学学校があり、日本人の英語学習先としてとても有名ですが、夏のセブ島は日本同様暑く、ムシムシした気候です。

せっかく海外に英語を学びに行くのなら、暑くないところに行きたい、と思う方にはおすすめできません。

 

暑くなくて綺麗なところに行きたい!

と思う方におすすめなのがバギオです。

 

バギオはルソン島北部の山間部に位置しており、

年間を通して平均20度前後

の気候ですので、夏に日本から向かうと涼しく感じられておすすめです。

 

涼しい気候から野菜やイチゴの栽培が盛んで、生野菜が安価に手に入ります。

 

また、街並みもきれいで、街には豪華な教会や大きな公園などがあります。自然豊かで活気に満ちた街といえます。

 

バギオへはマニラからバスで片道5時間くらいかかります。

時々渋滞にはまってしまうと、7時間くらいかかることもあります。

 

バスの車内はキンキンに冷えており、道もくねくねしていてあまり快適な乗り心地ではないと感じる方も多いです。

 

酔い止めと羽織ものは必須です。

 

留学にバギオがおすすめな理由【メリット】

その1、治安がいい

まずは治安です。

 

日本と比べると海外は危険とされる場所も多く、特に女性治安を気にする方が多いかと思います。

 

バギオは治安に関しては問題ありません

もちろん日本のように気軽に夜間に外出するなどは避けるべきですが、普通に生活する面では危険はありません。

よく海外でタクシーに乗り、

  • 「ぼったくられた」
  • 「メーターが動いていなかった」

など言われていますが、バギオに関してはそういったこともあまりありません。

 

しっかりと事前にメーターを確認することは重要ですが、基本的には安全と考えていいでしょう。

 

その2、しっかりと勉強できる環境がある

英語を鍛えたいと考える方が海外の語学学校で勉強するので、

周りの環境重要です。

 

セブ島にも語学学校がたくさんありますが、暑い時期ですから海に行きたくなったり、大きなモールでショッピングしたくなったりしますよね。

 

その点バギオは山間部に位置しているので、近辺に遊ぶところは少ないです。

平日は外出を禁止している学校も多く、TOEICやIELTSなどの資格取得を目指すコースは課題も大量に出ますから、遊びたくとも遊べない環境に自分を追い込むことができます。

 

その3、観光地へのアクセスも

山間部だからといって、遊ぶ場所がないわけではありません。

バギオはルソン島北部の中心地なので、各地へのバスが多く出ています。

 

バスを使って1時間半あれば、サンフェルナンドというビーチで有名な観光地へ行けます。

 

おしゃれなカフェもたくさんありますので、ショートトリップには最適です。

 

また、5時間半ほどかかりますがバナウェという棚田の世界遺産を見に行くことができます。

 

そのほかにも世界遺産や観光地が多数ありますので休日はたくさん遊びに出かけられますよ。

 

バギオのあまりよくない点【デメリット】

バギオにおいて

『これはよくないな』

と感じるところは空気の汚さです。

 

バギオを走る車の多くはディーゼルで走るので黒い煙をもくもくと出しています。

4時間ほど外出して帰宅後に鼻をかむと、黒い鼻水が出ることも多いです。

 

山間部だから空気がきれいだ、というわけではないので、バギオを訪れてびっくりする、なんて人も多いようですよ。

 

気管支が弱い人は日本からマスクを持っていくなど、対策が必要です。

 

留学先を探すなら『School With』

行き先を『パギオ』に決めて、実際に語学学校を探すなら『スクールウィズ 』というサイトを利用すると便利です。

 

口コミやそのエリアの人気の語学学校を見ることができます。

 

試しにパギオのランキング1位の『Monol』という学校の口コミを見てみましょう。

 

パギオ留学の口コミ

ロケーションが最高

夜は無数の星が見え、日本では感じることのできない無数の星を見ることが出来ます。授業内容も充実しており、英語力を伸ばすにはもってこいの学校です。

男性/20代/6週間

山間部だけあって、空には無数の星が。

なかなか日本では味わえない体験ができるのも『パギオ』の魅力ですね。

 

授業料の安さと日本人の多さ

授業料の安さが決め手となりMonolを選びました。まず現地に行ってビックリしたことは、日本人の比率です。Schoolwithや他のエージェントのサイトなどを見ると日本人の比率が低いように思えますが、正直日本人が一番多いと思います。

男性/20代/12週間

授業料が『安い』というのは、特に学生にとっては重要なポイントです。

また日本人が多く『安心』できるのもいいですね。

 

治安がいい!

全体的によかった!また行きたいと思う。3つ良いところを紹介する。
まずは、monolのあるバギオの治安の良さ。出歩いてても、タクシーに乗ってても、お店に行っていても怖いことは一回も起きなかった。また、バギオの人たちは、優しい人が多い為、怖がる必要は一回もない!!

女性/10代/4週間

女性にとって、『治安がいい』というのは重要なポイントですね。

安心して語学を身につけれるのも『パギオ』のいいところです。

 

その他の口コミはこちらのサイトで実際に確認してみてください。

日本最大級の留学総合サイト【School With】

 

メリット・デメリットを把握して、慎重に留学先をきめましょう。

 

いかがだったでしょうか?

今回は、夏休みのフィリピンへの語学留学は『パギオ』がおすすめな理由をご紹介しました。

 

グローバル化が進み、日本人だから英語ができなくても良いとは言えない時代になってきました。

学生はもちろんのこと、社会人になっても英語が要求されますよね。

英語が苦手だけど必要という方も多いのではないでしょうか。

 

夏休みにフィリピン留学を考えている人はぜひ、バギオで勉強して英語力UPを目指してくださいね。

 

あわせて読みたい:

夏の海外旅行に【おすすめの国】5選!近場から人気のスポットまでご紹介

夏の海外旅行に【おすすめの国】5選!近場から人気のスポットまでご紹介
『今年の夏休みやお盆休みは海外に行きたい』カップルで?家族で?はたまた「長い休みがあるから海外のリゾートに行きたい!」という学生さんも少なくないのではないでしょうか。そんな、夏にこそ行きたい海外旅行でおすすめの国を5選としてまとめてみました。近場から人気の国までご紹介!
タイトルとURLをコピーしました